北海道室蘭市立蘭北小学校
ホーム | モバイル


過去の話題
6月12日(日) 運動会〜低学年の部 (0)
6月9日 運動会予行練習 (0)
5月11日 ミニトマトの苗植え(2年) (0)
4月27日 畑おこし (0)
4月13日 はじめての給食(1年) (0)
令和4年度 入学式 (0)
2月9日(水) 全校集会TV放送 (2)
1月19日(水) 携帯スマホ安全教室(4〜6年) (0)
1月14日(金) 3学期始業式 (0)
12月21日(火) 2学期終業式 (0)
12月14日(火) 高齢者疑似体験(4年) (0)
12月8日(水) 全校集会 (4258)
12月6日(月) 高齢者疑似体験(5年) (0)
11月11日(木)、12(金) 読み聞かせ会(1・2年生) (0)
11月10日(水) 和楽器体験学習(5年) (0)
10月29日(金) 国際交流(5・6年) (0)
10月28日(木) 国際交流'(3・4年) (0)
10月27日(水) 税に関する絵葉書表彰 (0)
10月21日(木)、22日(金) 修学旅行 (0)
10月21日(木) 雑巾寄贈 (0)
10月20日(水) アイヌ体験学習 (0)
10月20日(水) 全校集会(TV放送) (0)
10月2日(土) 運動会 (3737)
カテゴリ
学校ニュース
学校だより
学校HP運用規則
主な行事・予定
★臨時休業に関する連絡事項★
臨休中の学び
学校いじめ防止基本方針
過去の記事(482)
2022 年 07 月 (1)
2022 年 06 月 (6)
2022 年 05 月 (2)
2022 年 02 月 (5)
2021 年 12 月 (4)
2021 年 10 月 (8)
2021 年 09 月 (3)
2021 年 08 月 (1)
2021 年 07 月 (7)
2021 年 06 月 (1)
2021 年 05 月 (2)
2021 年 04 月 (12)
2021 年 02 月 (1)
2021 年 01 月 (3)
2020 年 12 月 (6)
2020 年 11 月 (1)
2020 年 09 月 (4)
2020 年 08 月 (1)
2020 年 07 月 (2)
2020 年 06 月 (3)
2020 年 05 月 (5)
2020 年 04 月 (21)
2020 年 03 月 (13)
2020 年 02 月 (9)
2019 年 12 月 (3)
2019 年 11 月 (7)
2019 年 10 月 (8)
2019 年 09 月 (10)
2019 年 08 月 (2)
2019 年 07 月 (3)
2019 年 06 月 (5)
2019 年 05 月 (11)
2019 年 04 月 (2)
2019 年 03 月 (4)
2019 年 02 月 (10)
2018 年 12 月 (12)
2018 年 11 月 (8)
2018 年 10 月 (5)
2018 年 09 月 (6)
2018 年 08 月 (2)
2018 年 07 月 (5)
2018 年 06 月 (2)
2018 年 05 月 (8)
2018 年 04 月 (5)
2018 年 03 月 (4)
2018 年 02 月 (6)
2018 年 01 月 (3)
2017 年 12 月 (5)
2017 年 11 月 (8)
2017 年 10 月 (5)
2017 年 09 月 (14)
2017 年 08 月 (2)
2017 年 07 月 (7)
2017 年 06 月 (16)
2017 年 05 月 (9)
2017 年 04 月 (5)
2017 年 03 月 (9)
2017 年 02 月 (13)
2017 年 01 月 (11)
2016 年 12 月 (11)
2016 年 11 月 (11)
2016 年 10 月 (11)
2016 年 09 月 (14)
2016 年 08 月 (14)
2016 年 07 月 (17)
2016 年 06 月 (21)
2016 年 05 月 (7)
2016 年 04 月 (20)
過去ログ
リンク
室蘭市情報教育センター
どさんこ学び応援サイト
むろらん家庭学習応援プロジェクト
蘭北小学校の日常
ログイン
蘭北小学校いじめ防止基本方針
蘭北小学校いじめ防止基本方針

1 いじめ防止に係る基本方針
 いじめは、全ての児童生徒に関係する問題である。いじめ防止などの対策は、全ての児童生徒が安心して学校生活を送り、様々な活動に取り組むことができるよう、学校の内外を問わず、いじめが行われなくなるようにすることを旨として行わなければならない。
 また、全ての児童生徒がいじめを行わず、いじめを認識しながら放置することがないよう、いじめ防止などの対策、いじめが、いじめられた児童生徒の心身に深刻な影響を及ぼす許されない行為であることについて、児童生徒が十分理解できるようにすることを旨としなければならない。
 加えていじめ防止などの対策は、いじめを受けた児童生徒の生命・心身を保護することが特に重要であることを認識しつつ学校・保護者・地域、そして関係機関と連携していじめ問題を克服することを目指して行わなければならない。

2 いじめの定義
「いじめ」とは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。

3 いじめの理解
 いじめは、どの子にも起こりうるものである。とりわけ、嫌がらせやいじわる等の「暴力を伴わないいじめ」は、多くに児童生徒が入れかわりながら被害も加害も経験する。また、「暴力を伴わない」いじめであっても、何度も繰り返されたり多くのものから集中的に行われたりすることで、「暴力を伴ういじめ」とともに生命又は身体に重大な危険を生じさせうる。
 国立教育政策研究所によるいじめ追跡調査によれば、暴力を伴わないいじめ(仲間は
ずれ・無視・陰口)について、小学校4年生から中学校3年生までの6年間で、被害経験を全く持たなかった児童生徒は1割程度、加害経験を全く持たなかった児童生徒も1割程度であり、多くの児童生徒が入れ替わり被害や加害を経験している。
 加えて、いじめの加害・被害という二者関係だけだなく、学級や部活動等の所属集団の構造上の問題(無秩序性や閉塞性)、「観衆」としてはやし立てたり面白がったりする存在や、周辺で暗黙の了解を与えている「傍観者」の存在にも注意を払い、集団全体にいじめを許容しない雰囲気が形成されないようにすることが必要である。

4 いじめ防止等のための学校組織体制
本校におけるいじめ防止、いじめの早期発見及びいじめへの対処等に関する措置を実効的に行うため、いじめ問題に取り組むに当たっての中核となる「いじめ対策委員会」を設置する。
@構成メンバー
   校長 教頭 教務主任 生徒指導担当 養護教諭 当該学級担任
   ※必要に応じて外部の専門家を要請する
Aいじめ対策委員会の役割
  ・学校基本方針に基づく取組の実施や具体的な年間計画の作成・実行・検証・修正
  ・いじめの相談・通報の窓口
  ・いじめの疑いに関する情報や問題行動などに係る情報収集と記録、共有
  ・いじめの疑いのある情報があったときには、緊急会議を開いて、情報の迅速な共有、
   関係児童への事実関係の聴取等、指導支援の体制・対応方針の決定と保護者との連携等

5 いじめ防止に向けた取組(未然防止)
 いじめは、どの子にも起こりうることを踏まえ、より根本的ないじめの問題克服のためには、全ての児童を対象としたいじめの未然防止が必要であり、児童をいじめに向かわせることなく、心の通う対人関係を構築できる社会性のある大人へと育み、いじめを生まない土壌をつくるために、児童を取り巻く関係者が一体となった継続的な取組が必要である。 
 このため、学校の教育活動全体を通じ、全ての児童に「いじめは決して許されない」ことの理解を促し、児童の豊かな情操や道徳心、自他の存在を等しく認め、互いの人格を尊重し合える態度など、心の通う人間関係を構築する能力の素地を養う必要がある。また、いじめの背景にあるストレス等の要因に着目し、その改善を図り、ストレスに適切に対処できる力を育む観点が必要である。加えて全ての児童が安心でき、自己有用感や充実感を感じられる学校生活づくりも未然防止の観点から重要である。
  
@授業改善
・全ての児童が参加・活躍できる授業を工夫する。
・わかる授業づくり
・授業公開し教科の観点からだけでなく、生徒指導の観点からも参観し合う
A学習規律の徹底
・挨拶、姿勢
・話し方、聞き方、ノートの取り方
・話し合いの仕方
・学習準備、机上、机の中
・学習道具、持ち物 等
B豊かな人間関係づくり
・学年、学級での友人関係、集団づくり
・異学年交流
・社会体験や生活体験
・大人達とのよき出会い、交流
・教職員と児童との信頼関係の構築
C道徳の時間の充実
・いじめはいけないことであるということの全学年における計画的な指導
・思いやり、信頼、友情、生命尊重等の内容充実
・教え込むのではなく、学んだことから自分自身を振り返らせること、自分を見つめさせることができる指導
D児童活動の推進
・いじめ問題への取組について意義を理解し主体的に参加できる活動
・あいさつ運動、全校集会、縦割り活動、委員会活動
・むろらん子どもサミットとの連動
Eインターネット等を通じて行われるいじめ防止
・インターネットや携帯電話等情報モラル教育の充実
・ネットパトロールの実施
F児童への啓発活動
・子ども理解支援ツール「ほっと」の活用
・各種啓発資料の配付、指導
・教育相談の充実
G家庭・地域への啓発活動
・学校便り、学年・学級便り等各種通信、道教委作成資料等による啓発
・参観日、懇談会等による啓発
・地域、安全推進協議会や青少年健全育成協議会などと連携した啓発

6 いじめの早期発見のための取組(早期発見)
 いじめの早期発見は、いじめへの迅速な対処の前提であり、全ての大人が連携し、児童のささいな変化に気づく力を高めることが必要である。このため、大人の目につきにくい時間や場所で行われたり、遊びやふざけあいを装って行われたりするなど、大人が気づきにくく判断しにくい形で行われることを認識し、ささいな兆候であっても、いじめではないかと疑いを持って、早い段階から関わりを持ち、いじめを隠したり軽視したりすることなく積極的にいじめを認知することが必要である。
@定期的なアンケート調査の実施(学期2回、年間6回)
A小さなサインを見逃さないための日常からの児童理解(気づき、共有、対応)
B子ども理解支援ツール『ほっと』の活用
C欠席児童の把握と予防的対策
Dいじめ・人間関係トラブルの早期発見チェックリストの活用
Eいじめ防止等のための校内研修の充実
(2021/04/1(Wed) 12:00:00)

Copyright © 2004 北海道室蘭市立蘭北小学校. All Rights Reserved.