北海道室蘭市立八丁平小学校
ホーム | モバイル


過去の話題
参観日 低学年 (0)
参観日 中学年 (0)
参観日 高学年 (0)
なわとび集会 (0)
研究授業2年,3年 (0)
八丁平冬まつり (0)
1日入学 (0)
節分 (0)
クリーン大作戦 (0)
出前授業 (0)
図書ボランティア (0)
カテゴリ
八丁っ子日記
校長室の窓
学校ホームページについて
過去の記事(1620)
2016 年 03 月 (3)
2016 年 02 月 (10)
2016 年 01 月 (10)
2015 年 12 月 (11)
2015 年 11 月 (1)
2015 年 09 月 (3)
2015 年 07 月 (2)
2015 年 06 月 (7)
2015 年 05 月 (7)
2015 年 04 月 (12)
2015 年 03 月 (27)
2015 年 02 月 (24)
2015 年 01 月 (19)
2014 年 12 月 (34)
2014 年 11 月 (39)
2014 年 10 月 (32)
2014 年 09 月 (79)
2014 年 08 月 (35)
2014 年 07 月 (53)
2014 年 06 月 (73)
2014 年 05 月 (38)
2014 年 04 月 (43)
2014 年 03 月 (23)
2014 年 02 月 (37)
2014 年 01 月 (25)
2013 年 12 月 (31)
2013 年 11 月 (18)
2013 年 10 月 (26)
2013 年 09 月 (25)
2013 年 08 月 (31)
2013 年 07 月 (20)
2013 年 06 月 (41)
2013 年 05 月 (23)
2013 年 04 月 (51)
2013 年 03 月 (38)
2013 年 02 月 (6)
2013 年 01 月 (6)
2012 年 12 月 (4)
2012 年 11 月 (7)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (4)
2012 年 07 月 (10)
2012 年 06 月 (12)
2012 年 05 月 (13)
2012 年 04 月 (10)
2012 年 03 月 (1)
2012 年 02 月 (7)
2012 年 01 月 (5)
2011 年 12 月 (12)
2011 年 11 月 (11)
2011 年 10 月 (5)
2011 年 09 月 (9)
2011 年 08 月 (8)
2011 年 07 月 (10)
2011 年 06 月 (17)
2011 年 05 月 (12)
2011 年 04 月 (14)
2011 年 03 月 (8)
2011 年 02 月 (13)
2011 年 01 月 (6)
2010 年 12 月 (12)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (9)
2010 年 09 月 (23)
2010 年 08 月 (10)
2010 年 07 月 (15)
2010 年 06 月 (16)
2010 年 05 月 (12)
2010 年 04 月 (7)
2010 年 03 月 (5)
2010 年 02 月 (13)
2010 年 01 月 (5)
2009 年 12 月 (10)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (15)
2009 年 09 月 (19)
2009 年 08 月 (7)
2009 年 07 月 (23)
2009 年 06 月 (24)
2009 年 05 月 (12)
2009 年 04 月 (8)
2009 年 03 月 (7)
2009 年 02 月 (2)
2009 年 01 月 (4)
2008 年 12 月 (8)
2008 年 11 月 (7)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (7)
2008 年 08 月 (4)
2008 年 07 月 (3)
2008 年 06 月 (10)
2008 年 05 月 (4)
2008 年 04 月 (13)
2008 年 03 月 (8)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (7)
2007 年 12 月 (9)
2007 年 11 月 (11)
2007 年 10 月 (16)
2007 年 09 月 (16)
2007 年 08 月 (3)
2007 年 07 月 (2)
2007 年 06 月 (7)
過去ログ
リンク
室蘭市情報教育センター
八丁平小学校HP-Top
ログイン
12/22 今日は冬至です
12/22 今日は冬至です

「冬至は,1年でもっとも昼が短く,夜が長い日です。
ゆず湯に入って,無病息災を祈ります。
また,『ん』がつく食べ物を食べると『運』がつくという言い伝えがあります。
『なんきん(かぼちゃ)』を食べるのが一般的ですが,
『にんじん』『れんこん』『ぎんなん』『きんかん』『かんてん』『うどん』も,
かぼちゃとともに『冬至の七草』と呼ばれています。
縁起物というだけでなく,
この寒い時期に体がポカポカ温まりそうな食材ばかりですね。」
「この日を境に再び日が長くなっていきますが,
それを『悪いことが去りよい方向に転じる』
と見て,冬至を『一陽来復』と呼ぶそうです。
そう思うと,未来が希望で満ち溢れているようで,
寒い中でも力がみなぎってきます。」

これは,『大切にしたい,にっぽんの暮らし。』(さとうひろみ著 サンクチュアリ出版)からの引用です。

今日は私もゆず湯に入って,かぼちゃのお汁粉でも食べます。

おまけに今日は,忘年会。
気合を入れて参加します。
(2014/12/22(Mon) 18:06:33)
季節を味わう : 廊下・教室・中庭にクリスマスがやってきました
季節を味わう : 廊下・教室・中庭にクリスマスがやってきました

みなさんはこの季節,どんな本を読みますか。

私は,ここ数年,児童図書といったら,

「クリスマス・キャロル」(チャールズ・ディケンズ)
「飛ぶ教室」(ケストナー)
を必ず読みます。
私はクリスチャンではありませんが,
汚れかけた心を清めるためです。

皆さんは,心を清めるためにいかがされますか。

先生方の心尽くしを味わってください。

m2014.12.19.30.jpg

m2014.12.19.31.jpg

m2014.12.19.32.jpg

m2014.12.19.33.jpg

m2014.12.19.34.jpg

m2014.12.19.35.jpg

m2014.12.19.36.jpg

m2014.12.19.37.jpg

m2014.12.19.38.jpg

m2014.12.19.39.jpg

m2014.12.19.40.jpg

m2014.12.19.41.jpg

m2014.12.19.42.jpg

m2014.12.19.43.jpg

m2014.12.19.44.jpg

m2014.12.19.45.jpg
(2014/12/20(Sat) 18:38:50)
クリスマスプレゼントやお年玉の使い道の一つに図鑑や百科事典はいかがですか
クリスマスプレゼントやお年玉の使い道の一つに図鑑や百科事典はいかがですか

私は小学校3年生か4年生の時に,
親戚のおじさんに小学館の「子ども大百科」のような本を,
プレゼントしていただきました。
何度も何度も読み返しました。

この感動体験が心に残っていたので,
親戚の子が小学校に入学したり,
知人の子が小学生だったりすると,
「子ども大百科」
をプレゼントしました。

小学館でなくても良いのです。
別の出版社のでもかまいません。
でも,もう使い道が決まっているという方は読まないで下さい。

左<キッズペディア 科学館>
(2014年12月3日発行 小学館 223ページ3600円+税)

右<21世紀子ども百科 科学館>
(1998年7月発行 小学館 303ページ 4600円+税)

16年ぶりに改訂されました。
小中学生向きです。
80ページ削減され,値段も1000円安くなりました。

新版は,最新の科学の成果が満載されています。
小中どの学年のどの単元で活用できるか書かれています。
参考文献も書かれています。
どの図鑑も振り仮名つきです。

光る妖怪ウオッチ星座ボードが付録で付いてきます。
理科大好き人間に変身させてくれます。

m2014.12.20.2.jpg

<せいかつの図鑑>
(2010年3月発行 小学館 192ページ 2800円+税)

「着る」「食べる」「生活する」など,
今の子どもに不足している「生きるための力=生活力」って何なのか教えてくれます。
親も入学前の子育てチェックに活用できます。
入学前にお子さんと一緒に見たりすると効果的です。
小学校低中学年になると自分でも読めます。

<よのなかの図鑑>
(2014年3月発行 小学館 192ページ 2800円+税)

小学生向きです。低学年から使えます。

m2014.12.20.3.jpg

<子ども百科 キッズペディア>
(2011年11月発行 小学館 422ページ)
小学校低学年から使えます。中学年では手放せません。
ノートに写して家庭学習に最適。

<キッズ小学百科大事典ジャポニカ>
(2013年12月 新版発行 991ページ>
高学年から楽しめます。
ノートに写して,家庭学習に最適。

m2014.12.20.4.jpg
(2014/12/20(Sat) 14:08:23)
1/15/16/19 ウインタースクール(347名) 1/31 漢検(105名)
1/15/16/19 ウインタースクール(347名) 1/31 漢検(105名)

<ウインタースクール(補習)>
1.日時   1月15・16・19日 9:00〜10:30
2.参加対象 3年生以上
3.現在の申込者総数 延べ347名 

<漢字検定>
1.日時         1月31日(土) 9:00〜
2.現在の参加申込者総数 105名

m2014.12.20.1.jpg
(2014/12/20(Sat) 11:19:45)
12/19(金)音楽集会 ピアノと英語と日本語のコラボ「ハッピークリスマス」を歌詞で贈ります
m2014.12.19.29.jpg

12/19(金)音楽集会 ピアノと英語と日本語のコラボ「ハッピークリスマス」を歌詞で贈ります

ジョン・レノン&ヨーコ・オノ

So this is Xmas (こんやはクリスマス)

And what have you done (お元気ですか)

Another year over (また1年がすぎさって)

And a new one just begun (新しい年が始まる)

And so this is Xmas (今夜はクリスマス)

I hope you have fun (楽しんでください)


The near and the dear one (親しい仲間たち)

The old and the young (老いた人も 若い人も)

For weak and for strong(弱い人も 強い人も)

For rich and the poor ones (お金持ちの人たちも 貧しい人たちも)

And so happy Xmas (ハッピークリスマス)

For black and for white (はだの黒い人たちも 白い人たちも)

For yellow and red ones (黄色い人たちも 赤い人たちも)

Let’s stop all the fight (さあ あらそいはやめにしよう)

A very merry Xmas (メリークリスマス)

And a happy new year (そして,ハッピーニューイヤー)


Let’s hope it’s a good one0(すてきな1年に)

Without any fear (何のおそれもない)

War is over (あらそいは終わる)

If you want it (あなたが望めば)

War is over now (あらそいはすぐ終わる)

Happy Xmas (ハッピー クリスマス)

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/12/19(Fri) 14:22:35)
12/19(金) 音楽集会,感動の余り言葉がつまってしまいました!
12/19(金) 音楽集会,感動の余り言葉がつまってしまいました!

一生に一度でいいから,
音楽で全校が心を一つにする学校で過ごしたいと願っていました。

八丁平小学校は,音楽で全校の心を一つにする学校です。

今日の音楽集会は,これで終わります。
でも,八丁平小学校の全校音楽は終わりではありません。
今日は始まりでもあるのです。
今日の音楽集会がホップだとしたら,
卒業生を送る会はステップです。
そして,卒業式がジャンプの場です。
最高の卒業式を目指してがんばりましょう。
今日は,最高の音楽ありがとう。

こんな話をしようと思って児童の前に立ちました。
不覚にも,途中で胸がいっぱいになって,
言葉が出なくなってしまいました。
こんな調子では,先が思いやられます。

<全校音楽集会>

1.日時 12月19日(金) 3校時 10:45〜11:20
2.会場 八丁平小体育館(アリーナ)
3.プログラム
  ・全校「校歌」(開会前)
  ・全校「つばさをだいて」
  ・3年 リコーダー合奏「よろこびの歌」
  ・4年 歌と器楽「冬のうた」
  ・英語と日本語と音楽によるコラボレーション表現「ハッピークリスマス」


m2014.12.19.1.jpg

m2014.12.19.2.jpg

八丁平小学校では,おしゃべりしないで,
体育館に入場し,自分たちで座ることのできる学校を目指しています。

m2014.12.19.3.jpg

m2014.12.19.4.jpg

m2014.12.19.0.jpg

最後のクラスが入場するまで,
おしゃべりしているのではなく,
歌いながら待つ学校を目指しています。

m2014.12.19.5.jpg

m2014.12.19.6.jpg

M君の司会でいよいよスタートです。

m2014.12.19.7.jpg

m2014.12.19.8.jpg

m2014.12.19.9.jpg

m2014.12.19.10.jpg

m2014.12.19.11.jpg

指導はTTのN先生です。低学年パートの練習から始めました。

m2014.12.19.12.jpg

m2014.12.19.13.jpg

m2014.12.19.14.jpg

いよいよ高学年パートの練習開始です。

m2014.12.19.15.jpg

m2014.12.19.16.jpg

m2014.12.19.17.jpg
全校の声が合わさります。すばらしかったです。
m2014.12.19.18.jpg

m2014.12.19.19.jpg

m2014.12.19.20.jpg

心を一つにして歌う心地よさを満喫します。

m2014.12.19.21.jpg

3年生のリコーダー合奏「喜びの歌」です。洗練されていました。

m2014.12.19.22.jpg

m2014.12.19.23.jpg

4年生は,歌と器楽「冬の歌」です。
学年としてのまとまりを感じました。
司会は,3年4年,どちらも力強かったです。
m2014.12.19.24.jpg

m2014.12.19.25.jpg

・英語と日本語と音楽によるコラボレーション表現「ハッピークリスマス」
・英語はH先生,日本語歌詞朗読は児童会のA君でした。

m2014.12.19.26.jpg

m2014.12.19.27.jpg

校歌を歌いながら退場します。伴奏ご苦労様でした。
m2014.12.19.28.jpg

メリークリスマス! 
良いお年をお迎えください。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp

(2014/12/19(Fri) 12:19:56)
12/19(金) 保護者さん! 音楽集会を参観してみませんか
12/19(金) 保護者さん! 音楽集会を参観してみませんか!

沢山の方々の参観を呼びかけます!

1.日時 12月19日(金) 3校時 10:45〜11:20
2.会場 八丁平小体育館(アリーナ)
3.プログラム
  ・全校「校歌」(開会前)
  ・全校「つばさをだいて」
  ・3年 リコーダー合奏「よろこびの歌」
  ・4年 歌と器楽「冬のうた」
  ・英語と日本語と音楽によるコラボレーション表現「ハッピークリスマス」
(2014/12/18(Thu) 09:12:44)
12/9 1年生「交通安全パトロールの皆さんに感謝する会」が室蘭室蘭民報に掲載されましたよ
12/9 1年生「交通安全パトロールの皆さんに感謝する会」が室蘭室蘭民報に掲載されましたよ

記者の方は文章にするのが上手ですね。
私も,新聞を読んで書く力を付けようと思います。

m2014.12.13.11.jpg
(2014/12/13(Sat) 16:15:12)
12/9 もっと素敵な学校目指して〜後期児童会6回目の活動より〜
12/9 もっと素敵な学校目指して〜後期児童会6回目の活動より〜

美化委員が,まどふきをしてくれました。
ありがとう。

m2014.12.13.1.jpg

m2014.12.13.2.jpg

図書委員会が,
読書週間で沢山読んだ子への,
記録賞作りをしていました。

m2014.12.13.3.jpg

m2014.12.13.4.jpg

m2014.12.13.5.jpg

m2014.12.13.6.jpg

m2014.12.13.7.jpg

生活委員がポスターを掲示していました。
どんなことをうったえているのかな。

m2014.12.13.8.jpg

m2014.12.13.9.jpg

m2014.12.13.10.jpg
(2014/12/13(Sat) 14:40:22)
12/8  結晶って美しい!〜5年理科「もののとけ方」より
12/8 結晶って美しい! 〜5年理科「もののとけ方」より

これは何の写真か分かりますか。

m2014.12.12.1.jpg


m2014.12.12.2.jpg

これミョウバンの結晶です。

m2014.12.12.3.jpg

5年生理科,「6.もののとけ方」という単元で学習します。
ミョウバンは,温度が低い水にはあまりとけないのですが,
水の温度が高くなると,一気にとけ出します。
ちなみに,30℃の水50mLに30g近くもとけるのです。
このミョウバン水溶液が冷えると,きれいな結晶ができます。
TTのK先生が,5年生のために準備してくださいました。
きれいですね。

m2014.12.12.4.jpg


このような実験で出会う,
美しさにうっとりして,
理科好きになる児童もいます。

私も,そんな生徒の一人でした。
中学校の科学,「酸アルカリ」の学習で,
先生は,アルカリ検出の指示薬であるフェノールフタレイン溶液を,
水酸化ナトリウム水溶液に数滴たらしてくださいました。
フェノールフタレイン溶液も,
アルカリ性の水酸化ナトリウム水溶液も無色透明の液ですが,
混ぜると色がきれいな赤紫色に変化しました。
実験はこれで終わりませんでした。
水酸化ナトリウム水溶液を濃くすると,
pH8以上で色が変わり,pHが高くなるにつれ,
色が濃くなり,
水酸化ナトリウム溶液をもっと濃くすると,
ゆっくり退色し無色になってしまったのです。
これは神秘でした。

以来,私は薬局に通って,ビーカーやアルコールランプなどの,
学校にある実験器具を家でそろえてしまったのです。
薬品も自分でそろえました。
先生のおかげで,
科学の勉強が大好きになりました。

K先生の実験で,理科好きになる子が増えるのではないかと,
子どものことを思い出すのです。


(2014/12/12(Fri) 08:47:33)
12/9 1年生「パトロールの皆さんに感謝する会」

12/9 1年生「パトロールの皆さんに感謝する会」

一年生の皆さんが,
会議室にお迎えに来てくれました。

m2014.12.9.1.jpg

「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー(ありのままで)」という音楽と拍手で,
迎えてくれました。

m2014.12.9.2.jpg

m2014.12.9.3.jpg

1曲目は,「ありのままで」の合唱です。
うっとりとした顔で表現してくれました。
私達もうっとりとした顔で聞きました。

2曲目は,「ダンダン ドゥビドゥバー」というダンス曲でした。
今の子は,リズム感がありますね。

3・4曲目は,「きらきら星」と「妖怪体操第一」という器楽曲を披露しました。

「学芸会の時より,さらに磨きがかかったね」と,
パトロールの方にほめていただきました。

m2014.12.9.4.jpg

m2014.12.9.5.jpg

m2014.12.9.6.jpg

m2014.12.9.7.jpg

m2014.12.9.8.jpg

m2014.12.9.9.jpg

m2014.12.9.10.jpg

m2014.12.9.11.jpg

m2014.12.9.12.jpg

m2014.12.9.13.jpg

m2014.12.9.14.jpg

m2014.12.9.15.jpg

m2014.12.9.16.jpg

m2014.12.9.17.jpg

m2014.12.9.18.jpg

m2014.12.9.19.jpg

m2014.12.9.20.jpg

m2014.12.9.21.jpg

m2014.12.9.22.jpg

m2014.12.9.23.jpg

m2014.12.9.24.jpg

m2014.12.9.25.jpg

m2014.12.9.26.jpg

m2014.12.9.27.jpg

m2014.12.9.28.jpg

m2014.12.9.29.jpg

m2014.12.9.30.jpg

m2014.12.9.31.jpg

m2014.12.9.32.jpg

m2014.12.9.33.jpg

m2014.12.9.34.jpg

m2014.12.9.35.jpg

m2014.12.9.36.jpg

m2014.12.9.37.jpg

m2014.12.9.38.jpg

m2014.12.9.39.jpg

m2014.12.9.40.jpg

m2014.12.9.41.jpg

m2014.12.9.42.jpg

m2014.12.9.43.jpg

m2014.12.9.44.jpg

m2014.12.9.45.jpg

m2014.12.9.36.jpg

(2014/12/11(Thu) 17:54:40)
12/11 図書館にクリスマスリース,中庭にクリスマスツリー登場!
12/11 図書館にクリスマスリース,中庭にクリスマスツリー登場!

図書館のクリスマスリースは,
図書館ボランティアの方々によるものです。
きれいですね。
ぴったりです。
ありがとうございます。

m2014.12.11.1.jpg

m2014.12.11.2.jpg

クリスマスツリーは,環境美化担当のM先生と,環境委員と,
つくし学級の皆さんによります。
オンコ(イチイ)の木をツリー状に剪定したものです。
夜は電気もつくそうです。

m2014.12.11.3.jpg

クリスマスが楽しみですね。
それまでは,勉強!勉強!いいですね。

m2014.12.11.4.jpg



(2014/12/11(Thu) 17:23:01)
27年1月31日 「漢字検定」に挑戦してみませんか
27年1月31日 「漢字検定」に挑戦してみませんか

以下にに紹介するのは,
北海道新聞(12/7 日曜 )の衆議院選挙特集,
「それ,本当の強さですか?」,
教育「問題文の漢字が読めない」の記事です。

日高の中学校の数学の定期試験で,
クラスの3分の1の解答が白紙だったそうです。
理由は,問題文の漢字が読めなかったからだそうです。
数学なのだから,
漢字に振り仮名をつけてあげる配慮が,
あっても良かったのではないかという声も聞こえてきそうです。

しかし,世の中,
振り仮名をつけてくれる人ばかりではありません。
漢字は覚えておいて害はありません。

自分の実力を試す楽しみに,
英検や漢検に挑戦する人が増えているそうです。
皆さんもいかがですか。


1 日時 平成27年1月31日(土) 午前9時〜(級によって時間が異なります。詳細は                         後日にお知らせします。)
2 会場 室蘭市立八丁平小学校 

3 対象者 希望児童及び家族

4 実施級 10級(小1修了程度)〜2級(大学・一般程度)

5 検定料 1000円(10級)〜3500円(2級)

6 申し込み 担任または教頭まで

7 締め切り 12月18日(木)
(2014/12/08(Mon) 09:57:32)
12/8 参観日に1年生のきらきら輝く絵が出現
12/8 参観日に1年生のきらきら輝く絵が出現

子どもの発想って面白いな。
ただただ,そんな気持ちでご鑑賞ください。

m2014.12.8.1.jpg

m2014.12.8.2.jpg

m2014.12.8.3.jpg

m2014.12.8.4.jpg

m2014.12.8.5.jpg

m2014.12.8.6.jpg

m2014.12.8.7.jpg
(2014/12/08(Mon) 09:10:08)
学級懇談参加率49%! 12/1~5 個人懇談週間 12/3~5 参観週間終わる PTA担当の皆さんお疲れ様でした
学級懇談参加率49%! 
12/1~5 個人懇談週間 12/3~5 参観週間終わる 
PTA担当の皆さんお疲れ様でした

本校では,今年度より授業参観週間に合わせて,
個人懇談週間も設けました。
保護者の皆さんとの絆(連携)をより強めようとする試みです。
いかがだったでしょうか。

学級懇談には,
5月(195名),7月(192名),12月(192名)の方が残られました。
参加率は,PTA実数392件の49%にもなります。
お忙しいところ,学校を盛り上げていただきまして,
ほんとにありがとうございます。
懇談の運営に当たられたPTA学級委員さんには,
改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
(2014/12/06(Sat) 10:14:55)
12/5 4年生は給食試食会の後にドッヂビーで楽しむ
12/5 4年生は給食試食会の後にドッヂビーで楽しむ

私は初めてこのゲームを見ました。

2つのフリスビーをコートに入れると,
気を抜けない面白さが生まれるようです。
担当のお母さんお疲れ様でした。

m2014.12.6.18.jpg

m2014.12.6.19.jpg

m2014.12.6.20.jpg

m2014.12.6.21.jpg

m2014.12.6.22.jpg

m2014.12.6.23.jpg

m2014.12.6.24.jpg
(2014/12/06(Sat) 10:02:14)
12/5 参観日 3年生の授業 理科 「電気を通すものをさがそう」から
12/5 参観日 3年生の授業 理科 「電気を通すものをさがそう」から

3年生は「電気を通すもの」さがしをしていました。
同じように,金属でできた,はさみなのに,
電気を通して豆電球に明かりがつく物と,つかない物があります。
なぜか分かりましたか。

m2014.12.6.01.jpg

m2014.12.6.02.jpg

m2014.12.6.03.jpg

m2014.12.6.1.jpg

m2014.12.6.2.jpg

m2014.12.6.3.jpg

m2014.12.6.4.jpg

m2014.12.6.5.jpg

m2014.12.6.6.jpg

m2014.12.6.7.jpg

m2014.12.6.8.jpg

m2014.12.6.9.jpg

m2014.12.6.10.jpg

m2014.12.6.11.jpg

m2014.12.6.12.jpg

m2014.12.6.13.jpg

m2014.12.6.14.jpg

m2014.12.6.15.jpg

m2014.12.6.16.jpg

m2014.12.6.17.jpg
(2014/12/06(Sat) 09:34:00)
12/4 「日本人改造計画成功するか」 〜参観授業 5年生 外国語活動より〜
12/4 「日本人改造計画成功するか」 〜参観授業 5年生 外国語活動より〜

文科省が,2020年東京オリンピックを目指し,
日本人改造計画を実行しようとしています。
なんと,小中高大と,
12年間も英語を学んでいるのに,
さっぱり話もできない日本人を改造しようと言うのです。

□高校卒業までに,
一生にわたり「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を積極的に使えるようになる英語力を身に付けた日本人を育成しようと言う,
とてつもない計画です。

m2014.12.5.12.jpg

m2014.12.5.13.jpg

m2014.12.5.14.jpg

m2014.12.5.15.jpg

m2014.12.5.16.jpg

そのために,
1.小学校3.4年で週1時間の外国語活動を行う。
2.小学校5・6年で週3時間の英語を授業で行う。
というのです。

高学年を教えるのは,英語の専科の先生です。
中学年は,担任が教えます。

m2014.12.5.17.jpg

m2014.12.5.18.jpg

m2014.12.5.19.jpg

m2014.12.5.20.jpg

m2014.12.5.21.jpg

m2014.12.5.22.jpg

m2014.12.5.23.jpg

m2014.12.5.24.jpg

m2014.12.5.25.jpg

m2014.12.5.26.jpg

m2014.12.5.27.jpg

m2014.12.5.28.jpg

2018年に前倒し実施,
2020年に完全実施,
これが文科省の日本人改造計画の中身です。

中学校・高校は,さらにレベルアップが図られます。


E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp



(2014/12/05(Fri) 17:51:48)
「教員は,だからやめられない!」〜6年生「算数」(いろいろな場合を考えて) 参観授業より〜
「教員は,だからやめられない!」〜6年生「算数」(いろいろな場合を考えて) 参観授業より〜

12/5の高学年参観日,
6年算数「いろいろな場合を考えて」の授業の話です。

そもそも,この単元は21年度まで中学校で学習していました。
PISA調査で,欧米先進国に取り残されてはいけないと,
学習指導要領が,「ゆとり」から「確かな学力」に,
方向転換したおかげで,
小学校6年生までおりてきた単元です。

6年生教師団は果敢にも,
参観日の授業で,
この単元の最難関問題に挑戦してしまったのです。

m2014.12.5.0.jpg

そもそも,室蘭市の児童生徒が使っている啓林館の算数の教科書は,
レベルが高いことで有名です。
教育出版や東京書籍の教科書を見ても,
このような難問はありません。
中学校の学力調査のB問題にしても良いぐらいの難問です。

ベテランの先生なら,この場面は避けて,
無難な場面を参観授業にしたでしょう。

実際,
子どもたちは,
悪戦苦闘していました。

m2014.12.5.1.jpg
学級懇談が終わって帰ってきた6年生のN先生は,
「参観授業にこの場面をもってきたのは失敗だったかな」
とつぶやいていました。
一時間の授業としては難しすぎたかもしれません。
小さな失敗と評する人もいるでしょう。

しかし,一年間の学習指導として考えると,
そうとは言えません。
子どもたちも,すぐあきらめず,
果敢に挑戦していたではないですか。

m2014.12.5.2.jpg

m2014.12.5.3.jpg

m2014.12.5.4.jpg

子どもたちに無難なことばかりやらせる教師が,
はたして良い教師と言えるでしょうか。
子どもの能力の限界,ぎりぎりのところまで挑戦する果敢さが,
子どもの能力を最大限引き出すこともあるからです。

m2014.12.5.5.jpg

m2014.12.5.6.jpg

m2014.12.5.7.jpg

m2014.12.5.8.jpg

6年生の皆さんに言いたいです。
参観授業を成功にするか,
失敗にするかは皆さんにかかっています。
家庭学習で何度も復習して,
身に付けてください。
そうすると,難しかったけれど,
参観授業は成功したことになるのです。

m2014.12.5.9.jpg

m2014.12.5.10.jpg

m2014.12.5.11.jpg

失敗は成功のもと,
成功は失敗のもと,
教育は,
そう単純ではありません。
だから,おもしろいのです。
だから,教師はやめられない。
そんな気持ちで,
多くの先生は困難に挑んでいるのではないでしょうか。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/12/05(Fri) 16:52:26)
12/3 参観日2年生算数の授業より
12/3 参観日2年生算数の授業より

クリスマスです。
親子で,クリスマスの飾りを作るという授業も考えられました。
親子で和気あいあいと楽しめたかもしれません。
2年生の先生方は,あえてそうはしませんでした。

学習指導要領の作成者でもある,
東大の市川伸一先生に2年間直接指導を頂いて研究してきた,
「教えて考えさせる授業」の一端を見ていただきたかったからです。

私たちは,
昔日本に普及した,
「教科書は見てはいけません」
「自分でやり方を発見しなさい」
といった,一時間に例題1問しかやらない,
「やり方発見オンリー授業」の克服を目指しています。

「教えて考えさせる授業」
は,教科書をとことん使います。
予習もOKです。
保護者さんが教えてもかまいません。

「教えて考えさせる授業」は,
教科書を超える,
基礎と活用能力を同時に追求をする学習方法だからです。

「教えて考えさせる授業」は,
やり方を教師が児童とのやり取りを伴いながら,
しっかり教えるので,
どの子も最初からつまづくことはありません。

塾で予習をしてこなくても,
安心して,授業を受けることができます。
「教えて考えさせる授業」は,
高い質と平等性を同時に追求する授業方法です。

おまけに,ノートをとる回数も多く,
説明の力をペアやグループで養うので,
考える力も大いにつきます。

「理解確認問題」や「チャレンジ問題」など,
解く問題数も今までに比べ,
格段に多くなったので習熟も容易です。

最後に,振り返りと言って,
分かったことなどを書いて「自己評価」するので,
子どもにとっては,
自分が何を学んだのか自分の言葉で書く力が付きます。

教師にとって,子どもがどこまで学べたのか,
授業評価が可能になります。

私たちは,過去の「やり方発見の授業」を全否定するものではありません。
有効な場面もあると押さえた上で,研究を進めています。

ゴールが見えるので,
どの子も安心して受けられる
「教えて考えさせる授業」
は,何かを身に付ける習得学習の一つの授業モデルとして
研究を進めているのです。
少しでも,ご理解いただけると幸いです。

授業に戻ります。
児童は,「三角形」「四角形」「長方形」「正方形」「直角三角形」などの基本図形と,
図形を構成している辺や角,頂点などの用語を学びます。

角や角の大きさといった概念は,
児童にとって大きなハードルです。
「直角」といった学習用語も児童にとっては難しいです。

おまけに,三角定規と言う学習用具の習熟もねらいます。
これは,のちのち分度器の学習の土台にもなります。
分度器の学習では,実際に30度,90度(直角)なども図ります。

「教えて考えさせる授業」のおかげで,
落ちこぼれる子はぐんと減ったと思います。
ご家庭でも,
三角定規をたっぷり活用させていただけると幸いです。

m2014.12.4.5.jpg

m2014.12.4.6.jpg

m2014.12.4.7.jpg

m2014.12.4.8.jpg

m2014.12.4.9.jpg

m2014.12.4.10.jpg

m2014.12.4.11.jpg

m2014.12.4.12.jpg

m2014.12.4.13.jpg

m2014.12.4.14.jpg

m2014.12.4.15.jpg
(2014/12/04(Thu) 08:53:31)
教師修行 : 動画を駆使できない教師は置いていかれます
教師修行 : 動画を駆使できない教師は置いていかれます

戦後教師の仕事は何度もスキルアップを求められたり,
イノベーションの波に洗われたりしました。

昔,教師はガリ版で校務文書や学級通信を作っていました。
昭和50年代には,ファックスが登場し,
手書き原稿でも済むようになりました。
昭和50年代後半から,ワードプロセッサーが普及しました。
OHPという,
フィルムシートに書いた文字などを,
スクリーンに映し出す機器も
普及しました。

昭和60年代はコンピュータを使えなければ,
時代についていけないと言うことで,
夏と冬のボーナスなどを合わせて,
5インチフロッピーディスクのコンピュータ・モニター・印刷機を,
80数万円で買いました。

教師の持ち物のほとんどは自腹です。
平成7年,シドニーの日本人学校から日本に帰ってきて最初に向かったのは,
秋葉原の電気店でした。

マイクロソフト社のウインドウ3.1搭載の,
IBMのパーソナルコンピュータ,アプティバを買うためです。
日本語で使えるのは,ワープロと表計算ソフトぐらいで,
教育用ソフトのほとんどは,英語版でした。

オーストラリアのシドニー日本人学校は,
英語とコンピュータができなければ
仕事にならない学校でした。

英語とコンピュータができなければ,
仕事で置いていかれるという切迫感がありました。

あれから,20年がたちました。

英語,コンピュータは当たり前,
発達に凸凹のある児童のケアを中心とする,
特別支援教育の知識・技能がなければ,
教師はやっていけません。

ICTの世界も変わりました。

本校でも,ここ数年で実物投影機,
パワーポイント,エクセルなどの活用は当たり前になりました。

教材もプレゼンも,動画を活用できなければ,
子どもたちに興味深く聞いてもらえない時代になりました。

子どもたちも,
ただスマホは我慢しなさいと言う,
「だめよ。だめ。だめ。」
教育から,
情報ツールを適切に活用できる児童の育成が求められています。

動画を活用できる教師,
ブログ等で児童会活動などを発信できる児童,
これが27年度のスタンダードだと思うのです。

ちなみに私は,動画によるプレゼンができません。
本校には得意な先生がたくさんいます。
私も27年4月までに活用できる教師に変身したいです。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp



(2014/12/04(Thu) 07:42:05)
12/4 冬到来 ジャンバー・帽子などにフックにかけるひもが付いていますか?
12/4 冬到来 ジャンバー・帽子などにフックにかけるひもが付いていますか?

ある教室の雨具かけの様子です。
きれいにフックに掛けられているでしょう。

m2014.12.4.1.jpg

秘密はひもです。
これがないと,教室の床はジャンパーや帽子で埋め尽くされてしまいます。
フックにかけるひもが付いているかどうか,
お子さんのジャンパーや帽子などを確認してください。

m2014.12.4.2.jpg
(2014/12/04(Thu) 07:10:45)
12/3 参観日(1年生より)マットの前転や跳び箱の開脚跳びのできる子に鍛え上げたい!
12/3 参観日(1年生より)マットの前転や跳び箱の開脚跳びのできる子に鍛え上げたい!

先日は,2年生のマット運動「前転」の授業を参観する機会がありました。
今日は,1年生の跳び箱「開脚とび」です。

ともに手首・足首を前に傾けなければ運動になりません。

最近の子は,洋式トイレ,テーブルの普及で,
日常生活で足首を前に倒すことが減りました。

おかげで,
足の裏をぴったり床に付けてしゃがむことのできる子は,
確か60%を切っているそうです。
後ろに転んでしまうのです。
同様に,日本人の子なららくらくできたはずの,
前転や開脚跳びが至難の技になってきました。

今更,トイレを和式にするわけにはいきません。
終業式を全員正座で行うには抵抗も多いと思います。

先生方がどのような工夫をして授業をしているか,
お子さんに聞いてください。
先生方は,作戦を考えていますよ。

m2014.12.3.6.jpg

m2014.12.3.7.jpg

m2014.12.3.8.jpg

m2014.12.3.9.jpg

m2014.12.3.10.jpg

m2014.12.3.11.jpg

m2014.12.3.12.jpg

m2014.12.3.13.jpg

m2014.12.3.14.jpg

m2014.12.3.15.jpg

m2014.12.3.16.jpg

m2014.12.3.17.jpg

m2014.12.3.18.jpg

m2014.12.3.19.jpg

m2014.12.3.20.jpg

m2014.12.3.21.jpg

m2014.12.3.22.jpg

m2014.12.3.23.jpg

m2014.12.3.24.jpg

m2014.12.3.25.jpg

m2014.12.3.26.jpg

m2014.12.3.27.jpg

m2014.12.3.28.jpg

m2014.12.3.29.jpg
(2014/12/03(Wed) 17:40:18)
12/3 今年の読み聞かせも,あとわずかに
12/3 今年の読み聞かせも,あとわずかに

大人も子どもも,
心のエネルギーを使いっぱなしにすると,
いつかなくなってしまいます。

心のエネルギーは,充電しないといけません。
読書も,心のエネルギーの充電につながります。
自分で読めなくても,
読み聞かせでもエネルギーの充電になります。

昔は,親も忙しく,
読み聞かせなんてしてもらったことがないという保護者さんも,
いらっしゃると思います。

その代わり,
ラジオで「お話出てこい」を聞いた世代もあるのではないでしょうか。
私はそんな世代でして,
わが子には読み聞かせもしましたが,
車の移動中は,「お話出てこい」などの朗読テープや,
童謡のテープも聞かせました。

心の充電はどんな形でもできます。

子どもたちにも,心のエネルギーの充電を,
読書や感動体験でたっぷり行って欲しいです。

先生方も,心のエネルギーを使い果たす寸前だと思います。
充電の計画作りを楽しんでほしいと思います。

一生懸命がんばって,
楽しい冬休みもあと少しです。

m2014.12.3.1.jpg

読み聞かせのないクラスは,
朝読書を楽しんでいました。
立派ですね。

m2014.12.3.2.jpg

m2014.12.3.3.jpg

読み聞かせの保護者さんは,
図書室で読んだ本などを記録されているようです。
頭が下がります。
よろしくお願いいたします。

m2014.12.3.4.jpg

読書週間の間に5500冊を超える読書を,
八丁平小学校児童は行っていました。
これは驚きです。

500人児童が,一人当たり11冊も読んだことになるからです。
読み切る力も能力のうちです。
子どもの潜在能力には驚かされます。

m2014.12.3.5.jpg
(2014/12/03(Wed) 16:31:13)
12/3 ウインタースクール(冬休みの補習)に申し込みましたか?
12/3 ウインタースクール(冬休みの補習)に申し込みましたか?

今年も冬休みは,
1月15日(木),16日(金),19日(月)の3日間の予定で,
ウインタースクールを実施します。
締め切りは,12月17日です。

今年も,国語・算数の手作り問題が待っています。
2学期の復習やチャレンジ問題がその内容です。

サマースクール同様,ウインタースクールは,
子どもたちが苦労しないで,
徐々に学校リズムを取り戻すのに最適と好評です。

沢山参加して,八丁平小学校ギネスを更新しましょう。
(2014/12/03(Wed) 16:05:43)
12/3 八丁平小学校にも冬到来
12/3 八丁平小学校にも冬到来

 本格的な冬が訪れました。
今日の5校時は,低学年参観日です。
私は午前3時間,午後1時間を低学年教室で過ごしました。

校長という仕事はいいですよ。
お金を払わないで,
先生方と子どもたちが織り成す,
授業に溶け込むことができるからです。

先生方も子どもたちもレベルが高いですよ。
いい授業に4時間もひたれるなんて,
これ以上の幸せはありません。

掃除も一生懸命だし。

落ち着きのある子どもたちと,
献身的な先生方に感謝したいです。

m2014.12.3.0.jpg
(2014/12/03(Wed) 15:58:35)
児童会による募金活動についてのお礼
児童会による募金活動についてのお礼

この度は、赤い羽根共同募金活動にご協力いただき、
ありがとうございました。
みなさんのご協力により、
たくさんのお金を赤い羽根共同募金に送ることができました。
児童会の活動も、残りわずかとなりましたが、
今後もよろしくお願いします。

児童会三役 会長  A・S 



11月26〜28日に本校児童会で赤い羽根の募金活動をしました。
募金額は23,366円となり、
11月28日に室蘭市共同募金委員会の方が来校し、
無事引き渡しを行うことが出来ました。
ご協力ありがとうございました。

(写真は、この活動の中心になって活躍した児童会三役の児童です)
m2014.12.2.3.jpg

m2014.12.2.4.jpg

m2014.12.2.5.jpg

m2014.12.2.6.jpg

m2014.12.2.7.jpg

m2014.12.2.8.jpg




(2014/12/02(Tue) 18:00:45)
12/2 校長室来訪 八丁平フットボールクラブ
12/2 校長室来訪 八丁平フットボールクラブ

少年団の活躍が続いています。

第2回登別市サッカー協会杯争奪 U-10 フットサル大会で
なんと,準優勝しました。
おめでとうございます。
まだまだ,冬も大会があるそうですよ。
がんばってまた来て下さい。

m2014.12.2.2.jpg
(2014/12/02(Tue) 17:36:48)
11/27 校長室来訪 室蘭八丁平ミニバスケットボールクラブ
11/27 校長室来訪 室蘭八丁平ミニバスケットボールクラブ

第40回北海道ミニバス選手権室蘭地区予選大会で準優勝をしました。
おめでとうございます!

m2014.12.2.1.jpg
(2014/12/02(Tue) 17:32:41)
12/2 校長掃除日記 愛校心を感じさせてくれた6年生有志による階段清掃
12/2 校長掃除日記 愛校心を感じさせてくれた6年生有志による階段清掃

11/26 清掃時間に職員の集合写真を撮るということを,
すっかり忘れていた。
音楽室前階段担当の5年児童に,
「おしゃべりしないまじめ清掃」を,
私がいなくてもがんばってほしいと呼びかけ,
アリーナに向かった。

写真撮影終了後,音楽室前の階段に戻ったら,
5年児童が反省会をしていた。

全員が,「静かに」も◎,「ていねいに」も◎,
気付きの清掃も◎だった。
合格だ。
私がいなくても,掃除のできる子たちになっていた。
職員写真のおかげで,
自治の力が育った子どもたちに気付くことができた。

12/2 今日は,火曜日なので清掃がない。
明日は低学年参観日。ピンチだ。
校長室の解放をストップして,
すぐ汚れる保健室前階段を清掃しようと,
「校舎内巡回中」の掲示をドアに掲げた。
そのとき,校長室に遊びに来た6年生児童6人が,
「掃除,手伝うよ」と言ってくれた。

7人の雑巾がけは,昼休み時間中,ずっと続いた。
真っ黒に汚れた,バケツの水も女児が捨ててくれた。
さりげなく手伝ってくれた6年生に,
成長を感じた。
愛校心って,
こんなさりげない日常の中にも息づいているのだなと思いつつ,
5時間目の授業に向かう6年生を送った。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp


(2014/12/02(Tue) 14:10:49)
11/29 ドッジボール大会お疲れ様でした
11/29 ドッジボール大会お疲れ様でした

担当のH先生が調べてくれたのですが,
参加は,2008年以来だそうです。

私は,参加するだけでもすごいことだと思いました。
担当の先生は,1勝したいと言っていました。
子供たちに聞くと,
「全勝しま〜す!」
と,力強く応えてくれました。
『八丁平小ドッジ通信』によると,
参加した2チームのうち,
1チームは1勝したそうです。
おめでとう!

m2014.12.1.11.jpg

m2014.12.1.13.jpg

m2014.12.1.12.jpg




6年ぶりに参加した勢いで,
1月24日の「アークスカップ胆振地区大会」にも,
参加したいということになったそうですよ。
八丁平小の楽しみが増えました。
がんばってください。


(2014/12/01(Mon) 14:06:41)
校長修行 全道校長会に八丁と室蘭の取組紹介
校長修行 全道校長会に八丁と室蘭の取組紹介

研修部のN先生に,
画像等を借りて何とか間に合いました。
N先生のおかげです。

北海道の校長会のHPに,
拙い表記を推敲していただき,
1月ごろアップされるそうです。

この機会に,各地の実践をじっくり見て,
来年度の作戦の参考にしたいです。


平成26年度 北海道小学校長会地区活性化支援事業 [実践事例レポート]

1 報告地区     :胆振地区
2 事例報告学校名  :室蘭市立八丁平小学校
3 報告者職・氏名  :校長  澤 田 光 男
4 キーワード    :「学力向上」「効果ある学習指導体制」「機動的な分掌組織」「ICT活用」「タイムフレームマネジメント」「教えて考えさせる授業」「授業UD」


1 はじめに
 本校における学力向上の取組は,
「授業の中で子どもを育む」ことに焦点化され,
新指導要領のコンセプトの一つである,
「しっかり教えて考えさせる」授業実践に辿り着きました。

その甲斐あって,始めはゆっくりと,後は急激に学力が向上し,
全国学力調査では無答率が1%以下に減少し,全国正答率と比べても,
かなり高い結果を得ることができました。

m2014.12.1.1.jpg

2年生以上の標準学力調査でも,全国レベルに到達し,
活用能力は,どの学年も10ポイント程度向上しました。
25・26年度は,
「教えて考えさせる授業」の提唱者である市川伸一先生の直接指導のもとに,
公開研究会を行い,
実践の成果を市や管内に還元することができました。

2 学力向上に効果があれば何でもやろう

(1)効果ある指導体制と機動的な分掌組織を生み出そう

小一プロブレム防止入門期TT,
3クラス同時TT,
クラスを2つに分けた国語・算数少人数専科,
高学年専科など,
クラスの荒れを防ぎ,
学習効果を高める学習体制を臨機応変に組んでいます。

機動性を発揮させるために,
学力向上プロジェクト(家庭学習・チャレンジテスト・ふり返り問題・長期休業中の補習)と,
行事精選プロジェクト(運動会・学芸会の見直し)を設置しました。

研修部学び担当(全校を貫く学習ルール定着の取組)・

m2014.12.1.2.jpg


生活部子どものくらし担当(生活リズム)・
教科部会(教科等経営案作成)等,
授業づくり中心の組織運営を進めました。

(2)タイムフレームマネジメントは教育課程を見直すことから
   年間授業の予備時数を,3年間で学年平均46時間から75時間に増やしました。
生み出した時間を,国語や算数の授業や,
ロングのパワーアップタイム(補充学習)にあてました。
また,職員朝会を終会に移動し,生み出された時間を,
ショートのパワーアップタイム(15分補充学習)にあてました。

m2014.12.1.14.jpg

(3)全員授業の職員研修
 校内授業研修を充実させ,
先生全員1回(新卒は5回)以上の授業検討を実現させました。
このエネルギーは,道外の先進校からも頂きました。
「教えて考えさせる授業づくり」,「学力向上の取組」を学ぶために,
2年間で秋田・青森の先進4校50学級を,
延べ8人の職員で視察し,市内の先生方にも成果を還元しました。

3 学力向上めざし行き着いたところは「教えて考えさせる授業」力向上

(1)「教えて考えさせる授業(OKJ)」の展開
「教えて考えさせる授業」は,「教師からの説明」, 
「理解確認」「理解深化」「自己評価」の4つの学習過程からなります。

m2014.12.1.9.jpg

(2)「OKJ」は説明する力が付く
 個別や一斉学習だけではなく,
ペアで説明し合い,グループで考え合う活動を充実させています。
根拠はノートです。
自分の考えや友達の考えをノートに図や式,言葉で書くことを重視しています。
学習課題と理解確認問題,まとめ,
自己評価を記入するよう共通理解を図っています。

m2014.12.1.5.jpg

m2014.12.1.6.jpg

m2014.12.1.7.jpg

(3)TTとICT活用
   学習過程を学校全体で合わせているので,
TTの効果的な指導が可能になりました。
また,デジタル教科書や実物投影機が各教室に設置されているので,
より視覚に訴える教材提示・ノート指導が可能になりました。

m2014.12.1.4.jpg

(4)「OKJ」と「授業UD」の相性の良さを再確認
 「教えて考えさせる授業」は,本時の目標を明確にし,
教師主導による説明で,
思考の足場がどの子にも確立できるので,
特別の支援が必要な子も安心して学べます。

授業前半で本時のゴールを明確にし,
その上で理解深化を図ります。

自力解決やペア・グループによる協同学習は,
全員参加可能な学習を保証します。

4 おわりに

 学力向上の基盤になる授業改善は,
室蘭市小学校長会の共通課題でした。
24年度から市内18校の学力実態を交流し合い,
先進校の実践や,道外学校視察で学んできたことを交流し合いました。
25年度からは毎年市内約3分の1の小中学校が,
公開研究会を実施するようになり,
市の学力も全国水準に辿り着きました。

中学校区での小中連携も進み,校内授業研でも行き来し,
11月には2回目の授業交流会が行われ,
小学校は午前授業にして100名規模で交流しました。
「教えて考えさせる授業」を共に研究する兄弟校も現れました。
この勢いは更に高まりそうです。


(2014/12/01(Mon) 12:21:21)
12/2(火) 明日! 第5回 PTA廃品回収にご協力を!
12/2(火) 第5回 PTA廃品回収にご協力を!

回収によって得たお金は,
ブルーレーリコーダー・実物投影機・学級文庫・図鑑・辞書など,
明日の授業に役立てております。

デジタル教科書・・・・買いたい教材・備品は,
山とあります。
なんとか,ご協力ください。

今年度最終回収日は,2月3日(火)です。

(2014/12/01(Mon) 11:48:47)
今年をしめくくる12月スタート
今年をしめくくる12月スタート

忙しい10月と11月でした。
朝も昼も夜も,
土曜日も日曜日も,
仕事と会議の連続といった2か月でした。

ここまでたどり着けたこと,
児童や先生方が,
ここまでがんばってくれたことに感謝したいと思います。

以下の文は,先週の金曜日の職員終会時に,
先生方に呼びかけた内容です。


八丁平小としての教育実践を確実なものにして1年を締めくくろう!

室蘭の学校の公開研や校内研を見て驚いた。
どのクラスも学習の構えができていて,
学習密度が非常に高いのだ。
教科書やICTの活用,ノート指導も上手になった。

ここ数年間の先生方の指導力の向上には目を見張る。
学習指導要領や教科書が変わったことも要因だ。

しかし,クラスを内にも外にも開くことによって,
先生も子どもも急激に変わってきた事実も見逃せない。
これはドラマだ。

学校を貫く学習・生活ルール,まじめ清掃等々を,
1年生から確実に積み上げよう。
70%の達成率ではなく,80%,90%,100%を目指そう。
しつけや習慣化には適時がある。
高学年の先生への先送りはやめよう。

子どもの成長という貯金をたっぷりして,
次の学年にバトンを渡そう。

<学習指導>
低〜 「気を付け!」「はい!」「これから,算数の勉強を始めます。」「お願いします!」といった,集中を生み出す声の掛け合いが徹底しているか。

低〜 鉛筆は正しく握られているか。

低〜 教科書を立てたり,持ったりして音読しているか。

低〜 背筋を伸ばして椅子に座っているか。

低〜 次の時間の用意をしてから,トイレに行ったり休憩を取ったりしているか。

低〜 自席から離れるときに,椅子を机に入れているか。

低〜 国語や漢字辞典(下村式推奨),子ども大百科等がクラスに常備されているか。

低〜 適切に音読できる子に育てているか。(読字障がい児童への対応はできているか。)

低〜 板書などを,ノートに正確に写せるか。(書字障がい児童への対応はできているか。)

低〜 語彙を増やし,表現力を高める漢字指導を行っているか。

低〜 繰り上がり,繰り下がり,かけ算九九が定着しているか。(計算障害児への対応は?)

低〜 効果的な宿題を出しているか。

中〜 国語や漢字辞典(下村式推奨)を子どもにもたせて活用させているか。

中〜 ノート作りのていねいさと速さの同時追求を行っているか。

中〜 宿題に,音読や辞典を引きながらの意味調べや漢字調べを取り入れているか。

中〜 64÷8= 45÷7=など,余りのなしあるの基本割り算に習熟させているか。

中〜 図鑑や資料集,百科事典を使った,調べ学習を家庭でも習熟させているか。

高〜 新聞を活用した家庭学習を奨励しているか。

高〜 音読・意味・漢字調べ,社会や理科の調べ学習等で,予習を重視しているか。


<生活ルール>
低〜 おしゃべりしない気付きのまじめ清掃ができるように,清掃を習熟させているか。

低〜 走らない右側歩行の廊下歩行や,おしゃべりしない廊下移動ができているか。

低〜 元気な挨拶ができるか。 中〜 おもてなしの挨拶や会釈(目礼)ができるか。

低〜 学習用具や靴の整頓ができるか。

低〜 教室の児童机が乱雑になっていないか。


「終わりよければ全て良し。」
「いやだったことも水に流す。」

日本人の智恵です。

残り1か月,
ていねいな過ごし方をしたいものです。


(2014/12/01(Mon) 11:13:49)
201501のログ 201411のログ

Copyright © 2004 北海道室蘭市立八丁平小学校. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]