北海道室蘭市立八丁平小学校
ホーム | モバイル


過去の話題
参観日 低学年 (0)
参観日 中学年 (0)
参観日 高学年 (0)
なわとび集会 (0)
研究授業2年,3年 (0)
八丁平冬まつり (0)
1日入学 (0)
節分 (0)
クリーン大作戦 (0)
出前授業 (0)
図書ボランティア (0)
カテゴリ
八丁っ子日記
校長室の窓
学校ホームページについて
過去の記事(1620)
2016 年 03 月 (3)
2016 年 02 月 (10)
2016 年 01 月 (10)
2015 年 12 月 (11)
2015 年 11 月 (1)
2015 年 09 月 (3)
2015 年 07 月 (2)
2015 年 06 月 (7)
2015 年 05 月 (7)
2015 年 04 月 (12)
2015 年 03 月 (27)
2015 年 02 月 (24)
2015 年 01 月 (19)
2014 年 12 月 (34)
2014 年 11 月 (39)
2014 年 10 月 (32)
2014 年 09 月 (79)
2014 年 08 月 (35)
2014 年 07 月 (53)
2014 年 06 月 (73)
2014 年 05 月 (38)
2014 年 04 月 (43)
2014 年 03 月 (23)
2014 年 02 月 (37)
2014 年 01 月 (25)
2013 年 12 月 (31)
2013 年 11 月 (18)
2013 年 10 月 (26)
2013 年 09 月 (25)
2013 年 08 月 (31)
2013 年 07 月 (20)
2013 年 06 月 (41)
2013 年 05 月 (23)
2013 年 04 月 (51)
2013 年 03 月 (38)
2013 年 02 月 (6)
2013 年 01 月 (6)
2012 年 12 月 (4)
2012 年 11 月 (7)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (4)
2012 年 07 月 (10)
2012 年 06 月 (12)
2012 年 05 月 (13)
2012 年 04 月 (10)
2012 年 03 月 (1)
2012 年 02 月 (7)
2012 年 01 月 (5)
2011 年 12 月 (12)
2011 年 11 月 (11)
2011 年 10 月 (5)
2011 年 09 月 (9)
2011 年 08 月 (8)
2011 年 07 月 (10)
2011 年 06 月 (17)
2011 年 05 月 (12)
2011 年 04 月 (14)
2011 年 03 月 (8)
2011 年 02 月 (13)
2011 年 01 月 (6)
2010 年 12 月 (12)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (9)
2010 年 09 月 (23)
2010 年 08 月 (10)
2010 年 07 月 (15)
2010 年 06 月 (16)
2010 年 05 月 (12)
2010 年 04 月 (7)
2010 年 03 月 (5)
2010 年 02 月 (13)
2010 年 01 月 (5)
2009 年 12 月 (10)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (15)
2009 年 09 月 (19)
2009 年 08 月 (7)
2009 年 07 月 (23)
2009 年 06 月 (24)
2009 年 05 月 (12)
2009 年 04 月 (8)
2009 年 03 月 (7)
2009 年 02 月 (2)
2009 年 01 月 (4)
2008 年 12 月 (8)
2008 年 11 月 (7)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (7)
2008 年 08 月 (4)
2008 年 07 月 (3)
2008 年 06 月 (10)
2008 年 05 月 (4)
2008 年 04 月 (13)
2008 年 03 月 (8)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (7)
2007 年 12 月 (9)
2007 年 11 月 (11)
2007 年 10 月 (16)
2007 年 09 月 (16)
2007 年 08 月 (3)
2007 年 07 月 (2)
2007 年 06 月 (7)
過去ログ
リンク
室蘭市情報教育センター
八丁平小学校HP-Top
ログイン
9/29 一足先に図書室がボランティアの皆さんによって衣替えです
9/29 一足先に図書室がボランティアの皆さんによって衣替えです

保護者からなる,図書館ボランティアの皆さんが,
秋の図書室の飾り付けをしてくださいました。

明日の公開研究会参加のお客様にも,
喜んでいただけると思います。
ありがとうございます。

読書の秋を成功させようと,
先生方も作戦を立てていますよ。
楽しみですね。

m.2014.9.29.101.jpg

m.2014.9.29.102.jpg

m.2014.9.29.103.jpg

m.2014.9.29.104.jpg

m.2014.9.29.105.jpg

m.2014.9.29.106.jpg
(2014/09/29(Mon) 18:31:48)
9月30日 公開研究会情報 1年生(こまったくん登場)
9月30日 公開研究会情報 1年生(こまったくん登場)

公開研究会を明日に控えた1年生です。

正しい鉛筆の持ち方は,
なかなか身に付かないです。
夏休みが明けると,
微妙に違う持ち方に変身している子もたくさんいました。
I先生のクラスでは,
「親指と人差し指で鉛筆をぺったんするんだよ。」
といって,正しい持ち方を指導しています。
確かに,正しい持ち方をしている子が結構いました。
学習ルールも身に付いてきました。

算数の授業では,間違えてばかりの「こまったくん」が登場します。
児童は,正しいやり方を手紙に書いて
「こまったくん」を助けようとします。
さて,9月30日の公開研の授業で,児童の皆さんは,
「こまったくん」を助けることができるでしょうか。
楽しみにしたいと思います。

m.2014.9.29.0.jpg

m.2014.9.29.1.jpg

m.2014.9.29.2.jpg

m.2014.9.29.3.jpg

m.2014.9.29.4.jpg

m.2014.9.29.5.jpg

m.2014.9.29.6.jpg

m.2014.9.29.7.jpg

m.2014.9.29.8.jpg

m.2014.9.29.9.jpg

m.2014.9.29.10.jpg

m.2014.9.29.11.jpg
(2014/09/29(Mon) 08:29:12)
9/27 公開研究会情報(児童を支える3年生の学習環境)
9/27 公開研究会情報(児童を支える3年生の学習環境)


m.2014.9.26.24.jpg

m.2014.9.26.25.jpg

m.2014.9.26.26.jpg

m.2014.9.26.27.jpg

m.2014.9.26.29.jpg

m.2014.9.26.30.jpg

m.2014.9.26.31.jpg

m.2014.9.26.32.jpg

m.2014.9.26.33.jpg



(2014/09/28(Sun) 18:47:22)
9/27 公開研究会情報(説明の仕方が格段に向上した3年生)
9/27 公開研究会情報(説明の仕方が格段に向上した3年生)

「3週間ぶりに3年2組に入ったんだけど,
説明の仕方が本当に上手になりましたね。」

これは,協力教授(TT)担当のN先生の言葉です。

もちろん私もそう思いました。
子どもの発表も意欲的でした。
勉強するのが楽しくてしょうがないという感じでした。

m.2014.9.26.1.jpg

m.2014.9.26.2.jpg

m.2014.9.26.3.jpg

m.2014.9.26.4.jpg

m.2014.9.26.5.jpg

m.2014.9.26.6.jpg

m.2014.9.26.7.jpg

m.2014.9.26.8.jpg

m.2014.9.26.9.jpg

m.2014.9.26.10.jpg

m.2014.9.26.11.jpg

m.2014.9.26.12.jpg

m.2014.9.26.13.jpg

m.2014.9.26.14.jpg

m.2014.9.26.15.jpg

m.2014.9.26.16.jpg

m.2014.9.26.17.jpg

m.2014.9.26.18.jpg

m.2014.9.26.19.jpg

m.2014.9.26.20.jpg

m.2014.9.26.22.jpg

m.2014.9.26.23.jpg
(2014/09/28(Sun) 18:40:10)
9月27日 桜蘭中学校の第3回学校祭「合唱発表」を参観しました
9月27日 桜蘭中学校の第3回学校祭「合唱発表」を参観しました

卒業生の姿を見に行きました。
市長さんも見えていましたよ。
開校3年目とあって,ずいぶん落ち着いてきたと思いました。
これからは,600人規模の最強の学校として道南をリードしてくれると思いました。
本校も他校のように,
志の高い,やる気のある卒業生を送り出したいです。

合唱は全ての学級を聞きました。
発表前に,担任の先生方から生徒さんへの,
メッセージビデオが流されました。
生徒さんから大歓声が上がりました。
生徒と先生方の,一体感,いいですね。

1年生は,変声期で難儀している男子を女子が支えていました。
2年生は,男女共に声が整っていました。
3年生は,情感豊かに歌っていました。
気持ちが高揚して,涙を流しながら歌っていた学級もありました。
怒られてでも,悔しくてでも,悲しくてでもない涙,
感動の涙を流す経験を中学校でできるなんて幸せだと思います。

作品展示も見ました。
ちぎり絵による,名画の模写も良かったです。

学級新聞は,学年の発達段階が出ていてよかったです。
1・2年は,ケータイ・スマホ問題を扱っていました。
依存症,学力低下,友人関係への心配,
心まで支配されない活用の仕方等,
しっかりした文章として展開されていました。
その他に学力問題,土曜日課なども話題になっていました。
9割の中学生が,土曜日課に反対していることも知りました。
3年生にもなると,
「室蘭の街づくり」を展望した記事も目立ちました。

書道・デザイン・絵画・音楽・新聞等,
大人顔負けの作品を鑑賞し,
中学校は,13~15歳の生徒の文化の基地として,
大きな役割を果たしているなと思いました。

10月25日は,八丁平小学校の学芸会です。
国語や音楽・図工・総合や体育など,
日頃の学習の成果が,
学芸会として結実します。
どんな発表になるか,
楽しみにしてください。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp



(2014/09/28(Sun) 18:15:51)
9月30日 公開研究会情報 3年生(3−1K学級で事前授業)行われる
9月30日 公開研究会情報 3年生(3−1K学級で事前授業)行われる

公開研究会では,中学年を代表して3年2組のM学級が授業を公開します。

公開単元は,算数「あまりのあるわり算」です。

9月17日,3年1組のK学級が同じ場面を授業公開してくれ,
この授業をもとに先生方で研修を深めました。

授業の流れができたこと。
児童も学習の仕方になれてきたことが印象に残りました。
学年全体でがんばっている空気が伝わってきます。

それぞれの授業公開に合わせた,
事前授業や模擬授業は本校でもよく行われる研修スタイルです。
良き伝統を継承してほしいです。

m.2014.9.17.3.jpg

m.2014.9.17.4.jpg

m.2014.9.17.5.jpg

m.2014.9.17.6.jpg

m.2014.9.17.7.jpg

m.2014.9.17.8.jpg

m.2014.9.17.9.jpg

m.2014.9.17.10.jpg

m.2014.9.17.11.jpg

m.2014.9.17.12.jpg

m.2014.9.17.14.jpg

m.2014.9.17.15.jpg

m.2014.9.17.17.jpg

m.2014.9.17.18.jpg

m.2014.9.17.19.jpg

m.2014.9.17.20.jpg

m.2014.9.17.21.jpg

m.2014.9.17.22.jpg

m.2014.9.17.23.jpg

m.2014.9.17.24.jpg

m.2014.9.17.25.jpg




(2014/09/26(Fri) 10:04:58)
秋 夕日 整然駐輪  4人のお父さん 感謝! 感謝!
秋 夕日 整然駐輪  4人のお父さん 感謝! 感謝!


生徒指導担当のO崎先生が,
児童がどのように駐輪場を使ってくれているか,
写真を撮ってくれました。

m.2014.9.25.100.jpg

夕日に輝く自転車を見てうっとりしました。

良い環境を提供してあげて,
じっくり待つと,
子どもは良く育つのだなと,
改めて実感しました。

PTAふれあい祭りの準備で,
昼過ぎまでかかって線を引いてくれた4人のお父さん,
ありがとうございます。

室蘭市立八丁平小学校は,
美しい学校だと思います。

m.2014.9.25.101.jpg

m.2014.9.25.102.jpg

m.2014.9.25.103.jpg
(2014/09/25(Thu) 17:15:51)
9月30日公開研究会情報C(5年3組の教室風景を参観する前に味わってくださいB教室環境・学年共通の取組廊下掲示編)
9月30日公開研究会情報C(5年3組の教室風景を参観する前に味わってくださいB教室環境・学年共通の取組廊下掲示編)

5年3組の授業会場を,
アリーナに移動することをお知らせいたしました。

参観の皆さんには,
5年3組の学級設営を十分参観していただけないという,
ご不便をおかけします。

そこで,ネットでも参観できるようにしました。
十分ではありませんが,
教室の雰囲気の一端を事前に味わっていただければ幸いです。

m.2014.9.25.9.jpg

m.2014.9.25.10.jpg

m.2014.9.25.15.jpg

m.2014.9.25.17.jpg

m.2014.9.25.18.jpg

m.2014.9.25.19.jpg

m.2014.9.25.20.jpg

m.2014.9.25.21.jpg

m.2014.9.25.22.jpg

m.2014.9.25.23.jpg

m.2014.9.25.24.jpg

m.2014.9.25.26.jpg

m.2014.9.25.27.jpg

m.2014.9.25.28.jpg

m.2014.9.25.29.jpg

m.2014.9.25.30.jpg

m.2014.9.25.31.jpg

m.2014.9.25.32.jpg

m.2014.9.25.33.jpg

m.2014.9.25.34.jpg

m.2014.9.25.35.jpg

m.2014.9.25.36.jpg

m.2014.9.25.37.jpg

m.2014.9.25.43.jpg

m.2014.9.25.44.jpg

m.2014.9.25.45.jpg

m.2014.9.25.46.jpg

m.2014.9.25.47.jpg

m.2014.9.25.48.jpg

m.2014.9.25.49.jpg

m.2014.9.25.50.jpg
(2014/09/25(Thu) 16:30:07)
9月30日公開研究会情報C(5年3組の教室風景を参観する前に味わってくださいA事前授業編)
9月30日公開研究会情報C(5年3組の教室風景を参観する前に味わってくださいA事前授業編)

5年3組の授業会場を,
アリーナに移動することをお知らせいたしました。

参観の皆さんには,
5年3組の学級設営を十分参観していただけないという,
ご不便をおかけします。

そこで,ネットでも参観できるようにしました。
十分ではありませんが,
教室の雰囲気の一端を事前に味わっていただければ幸いです。

m.2014.9.25.6.jpg

m.2014.9.25.12.jpg

m.2014.9.25.13.jpg

m.2014.9.25.14.jpg

m.2014.9.25.38.jpg

m.2014.9.25.39.jpg

m.2014.9.25.40.jpg

m.2014.9.25.41.jpg

m.2014.9.25.42.jpg

m.2014.9.25.31.jpg
(2014/09/25(Thu) 16:01:17)
9月30日 公開研究会情報B(5年3組の教室風景を参観する前に味わってください@)
9月30日公開研究会情報B(5年3組の教室風景を参観する前に味わってください@事前学習編)

5年3組の授業会場を,
アリーナに移動することをお知らせいたしました。

参観の皆さんには,
5年3組の学級設営を十分参観していただけないという,
ご不便をおかけします。

そこで,ネットでも参観できるようにしました。
十分ではありませんが,
教室の雰囲気の一端を事前に味わっていただければ幸いです。

m.2014.9.25.1.jpg

m.2014.9.25.2.jpg

m.2014.9.25.3.jpg

m.2014.9.25.4.jpg

m.2014.9.25.5.jpg
(2014/09/25(Thu) 15:46:31)
9月30日 公開研究会情報A(5年3組の授業会場をアリーナに移動)
9月30日 公開研究会情報A(5年3組の授業会場をアリーナに移動)

5年3組の授業会場をアリーナに変更しました。
参観者が50人を超えたためです。
5年3組教室は,残念なことにオープンスペースにできません。
そこで,急きょ体育館に変更しました。

5年3組の児童にとっては,二度と経験できない公開授業になると思います。
児童の皆さんには,環境の変化を乗り越えて力を発揮してほしいです。
(2014/09/25(Thu) 13:49:44)
9月30日 公開研究会情報@(参加者150人規模に)
9月30日 公開研究会情報@(参加者150人規模に)

9月24日現在で,一般の先生方の参加が112人になりました。
本校の先生方は,30人近く居ります。
講師の市川伸一先生や,
来賓の方々を含めると150人規模の研究会になります。

残り2日間の準備となりましたが,
おもてなしの心をもってお迎えしたいです。
(2014/09/25(Thu) 13:41:10)
9/22 明日はベルマーククラス回収日(目標55,000点!)
9/22 明日はベルマーククラス回収日(目標55,000点!)


児童へプレゼントしたい備品があります。
廃品回収と合わせて貴重な財源です。

八丁平小学校は2013年12月に100万点を超えました。
本校は,ベルマークに関して伝統と格式のある学校なのです。

今年度の目標は55000点です。
7月23日現在で,15117点集まりました。

ベルマークの他に下記のカートリッジも有効です。
キャノン・エプソン・ブラザーの使用済みインクカートリッジ(1個5点)
トナーカートリッジ(1本50点)

引き出しにまぎれたベルマークの有効活用をお願いいたします。
(2014/09/24(Wed) 16:48:27)
9/22 1年生 枝豆を収穫! 〜なべびっちりの収穫に驚きの声〜 
9/22 1年生 枝豆を収穫! 〜なべびっちりの収穫に驚きの声〜 

1年生が枝豆の収穫を行いました。
なべびっちりの収穫に,驚きの声が上がりました。
八丁平小学校の新記録〔ギネス〕になったと思います。

m.2014.9.22.1.jpg

m.2014.9.22.2.jpg

m.2014.9.22.3.jpg

m.2014.9.22.4.jpg

m.2014.9.22.5.jpg

m.2014.9.22.6.jpg

校長室に調理した「枝豆」を差し入れてくれました。
居合わせた先生方と試食しました。
甘くて,甘くて,冷凍枝豆とは味が全く違いました。
山形県の酒田の「茶豆」劣らないおいしさでした。
「肥料が違うんだね。」
という声も聞かれました。

「枝豆」は,時間がたつと「大豆」になります。
このことが分からない人もたくさんいるようです。
ぜひ,1年生に「大豆」になった姿を見せたいです。

m.2014.9.22.8.jpg

「枝豆」「大豆」の食品への利用について,
3年生国語の教科書〔下巻〕で児童は学びます。
1年生の収穫・調理体験は,3年生の国語学習の先行体験になります。

今の子に足りないのは,先行体験です。
1年生の先生は,楽しみながらも,
子どもに先行体験の機会を作っているのです。

m.2014.9.22.9.jpg

m.2014.9.22.10.jpg
(2014/09/22(Mon) 16:17:06)
校長室来訪 八丁平フットボールクラブ
校長室来訪 八丁平フットボールクラブ

サッカー少年団の皆さんが,優勝杯を持って報告に来てくれました。

9月20・21日は,
第41回道新旗争奪少年サッカー大会 
兼 第47回室蘭地区少年サッカー大会が行われたそうです。

見事優勝を勝ち取りました。

6人のメンバーが点をいれ,
そのうちの4人が3点も入れたそうです。
その中には女児も含まれています。
驚きです。

m.2014.9.22.0.jpg
(2014/09/22(Mon) 13:41:43)
9/21 晴天に恵まれた「PTAふれあい祭り」で秋を満喫しました(お礼)
9/21 晴天に恵まれた「PTAふれあい祭り」で秋を満喫しました(お礼)

体育館のゲームも大盛況のうちに終了しました。
最後の輪投げの景品をゲットした,
男児が大きな拍手をもらいました。
私も一緒に拍手していました。
ベストショットのチャンスだったのにと,
後で悔やみました。
プロのカメラマンの道は,
余りにも遠いです。

中庭に行くと,最後のフライドポテトが完売したようで,
ここでも拍手で喜び合いました。
焼き鳥も,野菜もほとんど売れたようです。

野球少年団は,これから練習があるようです。
「写真を撮らせて!」
と言ったら集まってくれました。ありがとう!

m.2014.9.21.60.jpg

m.2014.9.21.61.jpg

m.2014.9.21.62.jpg

秋の一番良い週末を,
八丁平小学校の子どもたちと一緒に過ごしてくださった,
保護者・地域の皆さん,先生方,
本当にありがとうございます。

八丁平小学校は,
9月30日の公開研究会に向けて,
一気に質の高い算数の授業を目指して,
全クラスが一丸となって取り組んでいきます。

児童の皆さんも,
家庭学習で,
予習・復習をがんばってください。
がんばった成果を,授業で発揮してください。

思い切り秋を楽しんだ後は,授業で勝負します。
ご協力よろしくお願いいたします。
(2014/09/21(Sun) 14:35:31)
9/21 晴天に恵まれた「PTAふれあい祭り」で秋を楽しむ(記録C)
9/21 晴天に恵まれた「PTAふれあい祭り」で秋を楽しむ(記録C)

いよいよ「ふれあい祭り」も終盤にさしかかってきました。

m.2014.9.21.40.jpg

m.2014.9.21.41.jpg

m.2014.9.21.42.jpg

m.2014.9.21.43.jpg

m.2014.9.21.44.jpg

m.2014.9.21.45.jpg

m.2014.9.21.46.jpg

m.2014.9.21.47.jpg

m.2014.9.21.48.jpg

m.2014.9.21.49.jpg

m.2014.9.21.50.jpg

m.2014.9.21.51.jpg

m.2014.9.21.52.jpg

m.2014.9.21.53.jpg

m.2014.9.21.54.jpg







m.2014.9.21.54.jpg
(2014/09/21(Sun) 13:47:12)
9/21 晴天に恵まれた「PTAふれあい祭り」を楽しむ(記録B)
9/21 晴天に恵まれた「PTAふれあい祭り」を楽しむ(記録B)

中庭もたくさんの人で埋め尽くされました。

m.2014.9.21.30.jpg

m.2014.9.21.31.jpg


m.2014.9.21.32.jpg

m.2014.9.21.33.jpg

m.2014.9.21.34.jpg

m.2014.9.21.35.jpg

m.2014.9.21.36.jpg

m.2014.9.21.37.jpg

m.2014.9.21.38.jpg

m.2014.9.21.39.jpg
(2014/09/21(Sun) 13:32:54)
9/21 晴天に恵まれた「PTAふれあい祭り」開催される(記録A)
9/21 晴天に恵まれた「PTAふれあい祭り」開催される(記録A)

m.2014.9.21.20.jpg

m.2014.9.21.21.jpg

m.2014.9.21.22.jpg

m.2014.9.21.23.jpg

m.2014.9.21.24.jpg

m.2014.9.21.25.jpg

m.2014.9.21.26.jpg

m.2014.9.21.27.jpg

m.2014.9.21.28.jpg

m.2014.9.21.29.jpg





(2014/09/21(Sun) 13:24:47)
9/21 晴天に恵まれた PTAふれあい祭り記録@
9/21 晴天に恵まれた PTAふれあい祭り記録@

予定通り,PTA会長さんのあいさつの後,
11時に阿部実行委員長さんの開会宣言で,
「ふれあい祭り」はスタートしました。

m.2014.9.21.10.jpg

m.2014.9.21.11.jpg

m.2014.9.21.12.jpg

m.2014.9.21.13.jpg

m.2014.9.21.14.jpg

m.2014.9.21.15.jpg

m.2014.9.21.16.jpg

m.2014.9.21.17.jpg

m.2014.9.21.18.jpg

m.2014.9.21.19.jpg

(2014/09/21(Sun) 13:17:29)
9/21 晴天に恵まれ PTAふれあい祭り 開催準備進む 
9/21 晴天に恵まれ PTAふれあい祭り 開催準備進む 

今年は,PTAを中心に60余名の実行委員さんを中心に開催されます。

保護者さんや先生はもとより,
おやじの会の皆さんや読み聞かせサークルドルフィンの皆さんも,
参加していただいております。

m.2014.9.20.0.jpg

昨日,お父さん4名により駐輪場が作られました。
長さを測って,
テープを張ってと,
てきぱきとした仕事に,
ほれぼれしてしまいました。
かっこいいです。
こんなお父さんを持つお子さんは幸せです。

m.2014.9.21.0.jpg

子どもたちは,整然と駐輪してくれました。

m.2014.9.21.00.jpg

開会1時間前の10時に,
恒例のカレーライスとお茶が,
実行委員さんや先生方に振舞われました。
これで11時から14時までのエネルギーにします。

m.2014.9.21.1.jpg

m.2014.9.21.2.jpg

m.2014.9.21.3.jpg

m.2014.9.21.4.jpg

m.2014.9.21.5.jpg

m.2014.9.21.6.jpg

m.2014.9.21.7.jpg

m.2014.9.21.8.jpg

直売の野菜の値段も決まったようです。

(2014/09/21(Sun) 11:31:10)
9/20 いよいよ明日PTA「ふれあい祭り」11時開場
9/20 いよいよ明日PTA「ふれあい祭り」11時開場

速いチームで10時半,
11時には大体のチームが準備を完了しました。
ありがとうございました。

駐輪場のペンキ塗りを行っているお父さんが,
まだ残っています。
「がんばって!おとうさん!」
お子さんの声援が聞こえてくるようです。

m.2014.9.20.12.jpg

m.2014.9.20.13.jpg

m.2014.9.20.14.jpg

m.2014.9.20.15.jpg

m.2014.9.20.16.jpg

m.2014.9.20.17.jpg

m.2014.9.20.18.jpg

m.2014.9.20.19.jpg

m.2014.9.20.20.jpg

m.2014.9.20.21.jpg

m.2014.9.20.22.jpg

m.2014.9.20.23.jpg

m.2014.9.20.24.jpg

m.2014.9.20.25.jpg

m.2014.9.20.26.jpg
(2014/09/20(Sat) 11:57:09)
教師修行 : 授業づくり 〜これでは指導はあっても学びがない〜
教師修行 : 授業づくり 〜これでは指導はあっても学びがない〜

簡潔で歯切れの良い説明。
子どもをほめながらやる気を引き出す,豊かな表情。
手作りやパソコンを使った教材提示,実物投影機の上手な活用。

どれもこれも,将来性のあるすばらしい指導である。
しかし,何かが足りない。

教師が説明する。
児童がノートにやり方を書いたりして活動する。
一人の児童が発表する。

教師が指示する。
児童が計算などの活動をする。
一人の児童が答える。

45分の授業で発言した児童は,4・5人である。

もう,お分かりだと思う。

この授業は,ほとんどの時間が教師の説明と,
児童の作業で占められ,
対話のある授業どころか,
話す力,話し合う力,
説明する力の育成につながっていない。

ほとんどの子どもにとって45分は,
先生や代表児童数名の話を忍耐強く聞き,
作業する時間でしかないのだ。

これでは,
先生の発問に答えられる数人の児童のみによって構成されている授業に過ぎないのではないか,
と言われても弁解の余地はないのではないか。

それでは,どうすればよいのか。

1.一問一答から一問多答に移行する
一つの発問に最低3人以上は答えさせる。
子供同士が,そうだね。
これが答えだねと納得する様子を見ながら,
「いいですか。」と,確認する。
決定権は私にあると先生が神様か王様,
もしくは裁判官のように振舞うのではなく,
子供同士で納得しあうように仕組み,
確認する仕事を行う。
一問一答ではなく,
一問多答を導入するということだ。

2.決まりきった答えは一斉問答で済ます
答えが「30円」や「秋田県」などという単純発問には,
一斉問答で十分だ。
先生:「兵庫県の県庁所在地は?」
児童一斉に「神戸」
これでいい。
 
3.子どもの発言から学ぶ子を育てる
やりかたなどを説明させる場合,
何人もの児童に説明させ,
多くの子に説明の仕方を体験させる。
一人の子に説明させてすぐ,「いいですね」といって,
次に進んでしまう先生がいる。
一人だけが説明能力をつければ良いというわけではない。
一人の子の説明を聞いたから,
自分が上手に説明できるようになったとはいえない。
自分で説明しなければ,説明能力はつかない。
また,説明できない子も,たった一人の友達の説明を聞いて,
すぐ分かるわけではない。
何人もの友達の説明を聞いているうちに,
自分もやれるようになるのだ。

ここまで言うと,
「そんな時間などない。説明しているだけで時間が過ぎていく。」
と,反論されそうである。

それでもあえて言いたい。
「大切なのは児童の学びなのだ。」
「『私は,しっかり説明した。後は児童の責任だ。』」とはならない。
児童が自身で説明できるように育つことを保証しない授業は,
指導あって学びなしと言われても仕方がないのではないか。」

「機関銃のような単純発問の羅列ではなく,
ねらいに迫る中心発問をしっかり放ち,
じっくり考えさせ,思い切り発言させよう。」

それでも,全員に話したり,
話し合ったりする時間を保証できる授業にはならない。
そんな悩みも聞こえてくる。

そこで,本校が導入しているのは,
ペアやグループによる学習である。

これによって,一人一人の児童は,
1時間の中で何度も何度も話す力を伸ばすことができる。

もう一度,教師の指導という観点だけではなく,
一人一人の児童の学びという観点から
授業を展望してほしい。

大人は,
「子どもを育てること(指導・しつけ・世話)」
ばかりに目が行き,

「子どもが育つこと」「子どもが育ち合うこと」
の大切さを忘れてしまっているような気がする。

授業もこの観点から見直せると,
さらに面白くなると思う。

そうなると文頭の先生も,
さらにすばらしい先生として成長していけると思うが,
いかがであろうか。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp




(2014/09/20(Sat) 11:15:18)
9/21 11時開催 PTAふれあい祭り (金曜日に野菜搬入される)
9/21 11時開催 PTAふれあい祭り (金曜日に野菜搬入される)

いよいよ開催前日となりました。


m.2014.9.20.0.jpg

8時には,運営責任者の方々が集合されています。
9時には,実行委員さんもそろいました。
今年度は,60名余りの実行委員さんにより,
「ふれあい祭り」が行われます。

m.2014.9.20.11.jpg

金曜日に,伊達・洞爺産の新鮮野菜が届きました。
人気の野菜が,格安でお求めいただけます。
益金は,子どものために活用されます。
どうかおさそい合わせの上,お求め下さい。

m.2014.9.20.1.jpg

m.2014.9.20.27.jpg

m.2014.9.20.2.jpg

m.2014.9.20.3.jpg

m.2014.9.20.4.jpg

m.2014.9.20.5.jpg

m.2014.9.20.6.jpg

m.2014.9.20.7.jpg

m.2014.9.20.8.jpg

トマトは,へたを下にして窓際においてい置くと,すぐ赤くなるそうです。
昨夜は,どれも青かったのに,
今朝8時には,もうすでに赤みがかっていました。

m.2014.9.20.9.jpg

m.2014.9.20.10.jpg
(2014/09/20(Sat) 08:50:20)
9/19 晴天に恵まれたマラソン記録会を全校で楽しむ(記録A)
9/19 晴天に恵まれたマラソン記録会を全校で楽しむ(記録A)

おめでとう。
おめでとう。
今年の上位5傑です。

鼻血が出て,保健室に駆け込んで,
写っていない子も居ります。
ご了承ください。

m.2014.9.19.30.jpg

m.2014.9.19.31.jpg

m.2014.9.19.32.jpg

m.2014.9.19.33.jpg

m.2014.9.19.34.jpg

m.2014.9.19.35.jpg

m.2014.9.19.36.jpg

m.2014.9.19.37.jpg

m.2014.9.19.38.jpg

m.2014.9.19.39.jpg

m.2014.9.19.40.jpg

m.2014.9.19.41.jpg

m.2014.9.19.42.jpg
(2014/09/19(Fri) 19:59:44)
9/19 晴天に恵まれたマラソン記録会を全校で楽しむ(記録@)
9/19 晴天に恵まれたマラソン記録会を全校で楽しむ(記録@)

Y先生によると,
練習の時より記録が大幅に伸びたそうです。
多くの子が満足できた記録会だったと,
ふり返りノートに記録していたそうです。
良かった。

m.2014.9.19.2.jpg

m.2014.9.19.3.jpg

m.2014.9.19.4.jpg

m.2014.9.19.5.jpg

m.2014.9.19.6.jpg

m.2014.9.19.7.jpg

m.2014.9.19.8.jpg

m.2014.9.19.9.jpg

m.2014.9.19.10.jpg

m.2014.9.19.11.jpg

m.2014.9.19.12.jpg

m.2014.9.19.13.jpg

m.2014.9.19.14.jpg

m.2014.9.19.15.jpg

m.2014.9.19.16.jpg

m.2014.9.19.17.jpg

m.2014.9.19.18.jpg

m.2014.9.19.19.jpg

m.2014.9.19.20.jpg

m.2014.9.19.21.jpg

m.2014.9.19.22.jpg

m.2014.9.19.23.jpg

m.2014.9.19.24.jpg

m.2014.9.19.25.jpg

m.2014.9.19.26.jpg

m.2014.9.19.27.jpg

m.2014.9.19.28.jpg

m.2014.9.19.29.jpg
(2014/09/19(Fri) 19:31:25)
晴天に恵まれたマラソン記録会を楽しみました(キャリア教育編)
9/19 晴天に恵まれたマラソン記録会を楽しみました(キャリア教育編)

写真を撮っているうちに,
改めて実感しました。
子どもたちは,
「がんばれ! がんばれ!」
という保護者さんや先生方や友達の,
声援を受けて,今まで不可能だと思っていた壁を乗り越えて,
大きく成長することを。

m.2014.9.19.1.jpg

がんばる子どもたちも美しいです。

子どもの成長を願い,
一緒に走ったり,
ポイントやゴールで声援を送ったり,
敗れて泣く子をなぐさめたりする
先生方も美しいです。

大きな声援を受けた,
子どもたちの姿は写真に残ります。

しかし,一生懸命応援する先生の姿は,
ほとんど写真には残りません。

たくさんの先生方の努力は,
その瞬間から過去のものへと消えていきます。
それが,さびしいと思うときもあります。

しかし,子どもの成長した姿を目の当たりにし,
充実感を味わうことができるのも,
先生の仕事です。

来月は,先生の仕事を体験するために,
桜蘭中学校の本校卒業生が,
来校します。
(2014/09/19(Fri) 18:37:35)
第52回 室蘭市小中学生席書大会 入賞者発表される
第52回 室蘭市小中学生席書大会 入賞者発表される

結果は以下の通りとなりました。
氏名は学校便りでお知らせいたします。
児童はよく健闘しました。
指導に当たった先生方,お疲れ様でした。

m.2014.9.19.0.jpg

<3年生の部> 秀作7名 佳作4名
<4年生の部> 秀作9名 佳作6名
<5年生の部> 特選1名 秀作2名 佳作6名
<6年生の部> 秀作3名 佳作15名   
(2014/09/19(Fri) 07:42:05)
PTAの保護者さんが公開研究会に向けて特別教室の清掃をしてくださいました
PTAの保護者さんが公開研究会に向けて特別教室の清掃をしてくださいました

公開研究会参加者の控え室となる,
図工室と視聴覚室を磨いて下さいました。

おいそがしいところ,ありがとうございます。

気合が入ってきました。

がんばれ先生!
がんばれ子どもたち!

m.2014.9.18.1.jpg

m.2014.9.18.2.jpg




(2014/09/18(Thu) 17:47:41)
9月30日の公開研究会に向けて全職員による指導案検討会実施
教師修行 9月30日の公開研究会に向けて全職員による指導案検討会実施

子どもが帰った15時半から16時半過ぎまで,職員室で行いました。

それぞれのブロックリーダーが運営しました。

検討したのは,
1年「3つの数の計算」
3年「余りのある割り算」
5年「分数(割り算)」
の,3つの指導案についてです。

次から次へと先生方から質問や意見がでてきます。
先生方の教材研究の深さに,
私は付いていくだけで精一杯でした。

先生方の発言は,専門職としての誇りに満ちていました。

『教えて考えせる授業』を研究して3年目になります。
概念や用語の共通理解が進んだので,
深い話し合いになりました。

残り,6授業日,おまけに明日は
「マラソン記録会」です。

文武両道,一生懸命頑張ります。

m.2014.9.18.0.jpg
(2014/09/18(Thu) 17:35:35)
進む学校環境整備
進む学校環境整備

職員室にレターボックスが登場しました。
用務員のTさんが作ったのです。
私は,彼の手わざに驚かされました。
これで,プリントの遅配も減ると思います。
ありがたいことです。

m.2014.9.17.2.jpg

この他にも,
中学年のトイレのカーテンが新調されたり,
カビ防止の大型換気扇が2台設置されたり,
中庭のタイルの補修,
グランドの側溝や階段の補修,
芝の張替えを室蘭市教育委員会に行って頂きました。
ありがたいことです。

m.2014.9.17.100.jpg

m.2014.9.17.101.jpg

m.2014.9.17.102.jpg

m.2014.9.17.103.jpg

m.2014.9.17.104.jpg

m.2014.9.17.105.jpg
(2014/09/17(Wed) 17:09:44)
教師修行 : 「ハイ!」は必要か
教師修行 : 「ハイ!」は必要か

明るく元気で騒々しい授業が目標でない。

落ち着いた雰囲気の中でこそ,
考えあうことができるものである。
深く考えているときの人間は,
むしろたどたどしくさえ見えるのではないか。

気合を入れるために,
「できる人(先生)」
「はい!(児童)」
といったやりとりも,
学習集団を作っていく過程では許容範囲だ。

しかし,
「ハイ!ハイ!ハイ!・・・」
は,クラスが雑然とする原因になる。
1年生から,小さな声で
「ハイは一回」
と,指導する必要がある。

クラスの集中が高まると,
「ハイ!」
は必要ない。
だまって,「杉の木」のように,
耳に手が当たる位にまっすぐ手を挙げさせる。
クラスを「杉林」のように,
手を林立させたい。

なぜか。思考に集中させたいからである。
「ハイ!ハイ!」
といった騒然さは,手を挙げていない子の思考を妨げる。
おまけに,手を挙げた子が,
心の中で発表練習する機会も奪うことになる。
低学年に多いのだが,指名しても,
「忘れました。」
と児童に言われる場面はなかったかどうか。
ふり返ってみたい。

さらに,児童の話し合いの鎖を切りたくないからである。
一問多答の授業や,
子供同士が話し合う,
対話のある授業では,
「ハイ!ハイ!」は邪魔である。
子どもが,向かい合っていれば,
手を挙げるだけで十分である。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/17(Wed) 16:36:41)
教師修行:授業前に学習用具の準備を済ませてからトイレに行かせる
教師修行:授業前に学習用具の準備を済ませてからトイレに行かせる
〜「分かる・できる・楽しい」充実した45分の授業を創るために〜

「授業前に教科書やノートを出しています」

これは,本校の「学習の構えの10か条」の,
最初に出てくる条文である。

授業は45分の真剣勝負である。
チャイムが鳴ってからあいさつし,
あいさつの後に学習用具を準備するのであれば,
何のためにあいさつするのか分からない。

m.2014.9.17.0.jpg

最後の子が学習用具を準備するまで,
5分かかったとしよう。
その先生の授業は40分授業となる。
おまけに道具の記名を確認していたのでは,
授業時間が何分あってもたりない。
それでは,どうしたらよいのか。

m.2014.9.17.1.jpg

学習用具への記名は保護者さんにお願いする。
自分で記名できるようになった子は,
家で書いてくる。
学級便りで,あらかじめ家庭に協力を依頼するのだ。

学習用具の準備は,前の時間が終わったら,
次の時間の用意をさせてから,トイレに行かせるのだ。

私の担任時代のシナリオは以下の通りだ。

日直:「これで算数の勉強を終わります。」
全員:「ありがとうございました。」
(そこで立ち上がらないで日直の指示を聞く。)
日直:「次は,国語です。国語の用意をしてから,休んでください。」
全員:「はい!」
(ペアで協力させ,準備が完了したら。)
ペア:「用意できました。」
  (と先生に言う。先生はチェックして完了していたらトイレなどに行かせる。教師のチェックが必要なくなるまで熟達させる。)

チャイムで始まり,チャイムで終わる。
教師も児童も時間を守る。
これが密度の高い授業の基本原則だ。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp


(2014/09/17(Wed) 15:52:05)
校長修行 公開研究会まで あと8授業日(学習過程を確認する)
校長修行 公開研究会まで あと8授業日(学習過程を確認する)

4連休明けです。
低学年を学校モードに戻すのは大変です。
先生は,
「本を立てて。」だとか,
「手の挙げ方がりっぱだね。」
などと言って,学校モードに子どもたちを戻していきます。


m.2014.9.16.10.jpg

m.2014.9.16.11.jpg

m.2014.9.16.12.jpg

m.2014.9.16.13.jpg

先生は,何度もペア学習を導入しています。
全員参加の授業の秘訣の一つはペアやグループ学習の導入です。

個の考えが,より確かなものになり,
力強い挙手として表現されます。

m.2014.9.16.14.jpg

m.2014.9.16.15.jpg

本校は市の指定を受け,
デジタル教科書の活用研究を行っています。
どのような場面で,どのように活用すると効果があるのか,
試行錯誤が続きます。

m.2014.9.16.16.jpg

m.2014.9.16.17.jpg

家庭学習,日記ノートの提出の多さにびっくりしました。
よく頑張った子どもたちでした。

m.2014.9.16.18.jpg

m.2014.9.16.19.jpg

どの子も授業の「ふり返り」で,
ノートを何行も使って書いていました。

「教えて考えさせる授業」づくりをはじめて3年目になります。
ノートに書く量が増えてきたなあと思います。

学力調査で,活用(応用)力が一気に伸びた理由は,
ノート指導にあるのではないかと,
私は推察します。

m.2014.9.16.20.jpg

m.2014.9.16.21.jpg





(2014/09/16(Tue) 18:22:40)
八丁平コスモスロード満開
八丁平コスモスロード満開

きれいできれいで,
10年前,
私は遠回りをして,
八丁平のコスモスロードを見ながら通勤したことがあります。

国語の4年生の教科書に,
「一つの花」
という教材があります。

そこに登場するコスモスを子どもたちに見せたくて,
当時の学校にコスモスを植えました。

8月1日から咲き始めたコスモスが,
満開になりました。

m.2014.9.16.3.jpg

m.2014.9.16.4.jpg

m.2014.9.16.5.jpg

m.2014.9.16.6.jpg

m.2014.9.16.8.jpg

m.2014.9.16.9.jpg
(2014/09/16(Tue) 17:46:54)
校長修行 公開研究会まで8授業日(5年自然教室の靴と放課後の机に見られる先生方の美意識)

校長修行 公開研究会まで8授業日(5年自然教室の靴と放課後の机に見られる先生方の美意識)

私の若いころの教室の机は,
ここまで整っていなかったと思います。
4連休の間に,学校を巡回して感動してしまいました。

5年生の自然教室でも,靴の並べ方に感動しました。
美しいでしょう。

先生方の美意識を大切にしたいと思いました。
教育活動は高まると芸術になると何度も思いました。
教育は総合芸術の場だと,
八丁平小学校の先生方にも教えられました。

m.2014.9.15.6.jpg

m.2014.9.15.41.jpg

m.2014.9.15.42.jpg

m.2014.9.15.43.jpg
(2014/09/16(Tue) 17:23:26)
校長修行 公開研究会まで8授業日(学習のかまえ 9月の目標は「話すこと」)
校長修行 公開研究会まで8授業日(学習のかまえ 9月の目標は「話すこと」)

クラスによって,
さらに進化した目標も見られます。

先生に聞かれて,先生だけに答えるのではなく,
友達の方を向いて話したり,
話し合ったりする力を付けることが求められます。

児童の机の配置も工夫され始めました。

m.2014.9.15.1.jpg

m.2014.9.15.10.jpg

m.2014.9.15.21.jpg

m.2014.9.15.22.jpg

m.2014.9.15.23.jpg
(2014/09/16(Tue) 16:58:44)
校長修行 : 公開研究会まであと8授業日 (学習の構えができているかA鉛筆の持ち方は難しい)

校長修行 : 公開研究会まであと8授業日 (学習の構えができているかA 正しく鉛筆の持つのは難しい)

教務のE先生が,1日入学で
「正しく鉛筆を持たせましょう。」
と呼びかけてくれている。

先生方も,チェックを入れてくれる。
しかし,長期休業が終わったり,
今日のように4連休明けだと,
鉛筆の持ち方は,微妙に違っている。

硬筆や毛筆を教える時も,
やはり正しく鉛筆や筆を持たせる。
美しい字を書きたいと思ったら,
やはり正しい持ち方を確認するはずだ。
もう一度,姿勢と鉛筆の持ち方にこだわりたい。

m.2014.9.15.3.jpg

m.2014.9.15.2.jpg
(2014/09/16(Tue) 16:01:01)
校長修行 公開研まであと8授業日(全校児童に学習の構えができているか!必見5年生)
校長修行 公開研まであと8授業日(全校児童に学習の構えができているか! 必見5年生!)


落ち着きのある集中した授業を成立させるために,
本校では,「学習のかまえ10か条」を,昨年10月に制定した。
学習ルールの定着は,桜蘭中学校区4校の連携目標である。

今年度は,月毎に重点を設けて全校で取り組んでいる。

公開研までにどの学級も達成してほしい課題は,
学習の構えができることである。

4連休明けの初日,
先生方はもう一度,
学習の構えの確認を行っていた。

学習の構えの確認の一番目は,
「聞くこと」と考える。

先生や友達の話を集中して聞き合う事なしに,
深い学びは望めない。

最近,テレビを視聴しているかのごとく,
話の途中であるにもかかわらず,最後まで聞かないで,
「え〜」とか,
「いたやだ〜」とか,
「おれやりて〜」とか,
反応する児童が多くなった。
クラスに1人や2人なら注意すれば収まるが,
4人5人と増えると,教師にも収拾が付かなくなる。
外部講師の方に,
「人の話は,最後まで聞くの。
あなたが主役ではないの。
今は,私が話しているの。」」
と,叱られていた児童がいた。

このことで,O先生は,
「私も,最後まで聞かせて,分からなかったら質問させます。」
「最後まで聞いているうちに,疑問が解決する場合もあるからです。」
と言っていた。

私も,小学生は,話に割り込まず,
最後まで聞いてから質問や意見を言わせるように,
指導すべきだと思うが,
いかがであろうか。

7月目標を再度確認したい。

m.2014.9.5.10.jpg

m.2014.9.5.11.jpg

今日の3時間目に,多目的室に行ったら,
5年生が総合学習で,障害のある児童の食事風景を,
ビデオで見ていた。

すばらしい集中力だった。
秋田の子に匹敵する。
ということは,日本一話の聞き方が良いことになる。
写真だけで,
空気を伝えられないのが残念だ。

m.2014.9.16.1.jpg

m.2014.9.16.2.jpg





(2014/09/16(Tue) 15:35:36)
校長修行 : 修学旅行「勝手に降りれば」と叫ぶ子にどのように指導すれば良かったのか
校長修行 : 修学旅行「勝手に降りれば」と叫ぶ子にどのように指導すれば良かったのか

函館修学旅行の2日目である。
湯の川から,
6年生の一部と一緒に電車に乗った。
電車には,
複数の修学旅行児童と一般客が乗り合わせていた。
本校児童の一部も,
他校の児童と,
和やかに談笑していた。

停車駅に近づき,
高齢者夫婦が後ろから前の出口に移動しようとした。
どちらかの学校の先生が,
「次の停車場で降りるので,
通路を空けて下さい。」
と児童に呼びかけた。

ところが児童の一人が
「降りたければ,勝手に降りれば。」
と,いかにも意地悪く大声で叫んだ。

その場は一瞬,凍り付いてしまった。
ややたってから先生が,
「そんなことを言うものではありません。」
と,厳しい口調で言った。

私は修学旅行の引率から帰ってきても,
何度も自問している。
自分が担任もしくは,
その場の引率責任者だったらどう指導すべきだったのか。

1.その場で高齢者夫婦に謝罪させるべきではなかったかどうか。
2.高齢者夫婦と一緒に下車し,謝罪した後,
  なぜそのようなことを言うことがいけないか指導し,
  指導後に遅れて電車に乗車し,
  グループの下車駅で合流させるべきではなかったかどうか。
3.むしろ,目的地についてから,じっくり指導するのが良いか。
4.他の対応があるのかどうか。

男児が,
衝動性・多動性・社会性欠如の発達障害児であったなら,
その場で叱責することによって,
かえって大暴れを起こすかもしれない。
対応も違ってくるかもしれない。

障害のない児童ならば,
公徳心を身に付けさせるために,
その場でしっかり指導しなければならない。
しかし,思春期の入り口に入っている男児だとしたら,
頭ごなしの指導は逆効果になる場合もある。
その子が,どんな子かによっても指導の仕方は変わってくる。

しかし,高齢者夫婦に謝罪もさせないで,
男児を降車させるのもどうかと思う。

自分が担任だったらどうすべきか考えながら,
知人にそのことを話したら,
「私も今日,こんなことがあったの。」と話してくれた。

知人は,会館で小学生にお花を教えていた。
低学年の子を保護者さんが来るまで預かることになっていた。
その子が外に飛び出したので,部屋に戻して,保護者さんを待つように諭した。
その子は,ごろごろ床に寝転んでいた。
知人は,後片付けを完了させるために,
床に寝転んでい児童によけてもらわなければならない。

困って,立ち往生してしまった途端,
「よけて,そこ邪魔。」
と,寝転んでいる児童に言われてしまったのだ。

このような児童に,
どのような声かけをしたら良いのか,
知人もびっくりして声がでなかったと言う。

あなたならその子に,何と声をかけてあげるだろう。
(2014/09/15(Mon) 18:00:24)
校長修行 あと2週間!9月30日開催算数授業の「公開研究会」せまる
校長修行 あと2週間!9月30日開催算数授業の「公開研究会」せまる

本校を含め市内の先生方4人で,
秋田の小学校を視察して驚いたことがあります。
ある学校は,運動会の予行練習の次の日だというのに,
全ての教室が,しっとりとした雰囲気で学習していたのです。
ある学校は,運動会が終わった直後だと言うのに,
すばらしい集中力で学習していたのです。

「北海道の小学校の中には,
運動会などの行事になると,
国語や算数などの勉強がそっちのけになって,
運動会や学芸会練習ばかりやっている学校がある。
おかげで,運動会や学芸会の練習期間中の,
学習内容がさっぱり身に付いていない。
おまけに,掃除などもいいかげんにされ,
子どもの荒れの原因になっている。」
これは北海道教育委員会が,
学力不振の現状を分析し,
行事中心の学校運営を改めるよう指導した根拠となっています。

私も秋田のように
日常の学習も,
運動会や修学旅行などの行事も,
共ににがんばる学校にしたいと
願っていました。

修学旅行の一週間前,
教務のE先生が,
「6年生は,来週修学旅行だというのに,
うわついていません。落ち着いて学習しています。」
と教えてくれました。
5年生の自然教室以来行っていなかった,
教室巡回を6年3組から行いました。
1時間で,6教室しか回れませんでしたが,
本当に,どの教室も落ち着いて学習していました。
6年生はもとより,
自然教室から帰ってきた5年生も,集中して学習していました。
立派な学校になったと思います。

ですから,公開研まで7日しか授業日はありませんが,
1年・3年・5年の授業公開学級だけでなく,
ずべての学級が算数の授業づくりで,
一気に大きな成長をとげてくれると,
私は信じています。

その成長を受け止めるために,
私も自分の「心・頭・体」を,
算数の授業づくりに集中したいと思います。




(2014/09/15(Mon) 17:07:58)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録G朝食食べて自主研修へ!)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録G朝食食べて自主研修へ!)

m.2014.9.11.5.jpg

m.2014.9.11.6.jpg

m.2014.9.11.7.jpg

m.2014.9.11.8.jpg

m.2014.9.11.9.jpg

m.2014.9.11.10.jpg

m.2014.9.11.11.jpg

m.2014.9.11.12.jpg

m.2014.9.11.13.jpg

m.2014.9.11.14.jpg

m.2014.9.11.15.jpg

m.2014.9.11.16.jpg
(2014/09/14(Sun) 17:29:15)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録F待ってました!夕食!)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録F待ってました!夕食!)

結団式のときに,
「ホテルは,
従業員の方が総力を挙げておもてなしをしてくださるので,
それに応えたいと思います。」
「食事は,総料理長が指揮をとって作るので,
完食したいです。」
と,抱負を語ってくれた児童が居りました。

完食できましたか?

m.2014.9.10.168.jpg

m.2014.9.10.169.jpg

m.2014.9.10.170.jpg

m.2014.9.10.171.jpg

m.2014.9.10.172.jpg

m.2014.9.10.173.jpg

m.2014.9.10.175.jpg

m.2014.9.10.176.jpg

m.2014.9.10.177.jpg

m.2014.9.10.178.jpg

m.2014.9.10.179.jpg

m.2014.9.10.180.jpg

m.2014.9.10.181.jpg

m.2014.9.10.182.jpg

m.2014.9.10.183.jpg

m.2014.9.10.184.jpg

m.2014.9.10.185.jpg

m.2014.9.10.186.jpg

m.2014.9.10.187.jpg

m.2014.9.10.189.jpg

m.2014.9.10.190.jpg

m.2014.9.10.191.jpg

m.2014.9.10.192.jpg

m.2014.9.10.193.jpg

m.2014.9.10.194.jpg

m.2014.9.10.195.jpg

m.2014.9.10.196.jpg

m.2014.9.10.197.jpg

m.2014.9.10.198.jpg

m.2014.9.10.199.jpg

m.2014.9.10.200.jpg

やっと,先生方も「頂きます。」ができました。

m.2014.9.10.201.jpg

m.2014.9.10.202.jpg
(2014/09/14(Sun) 17:03:56)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録E見ることができた夜景)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録E見ることができた夜景)

見ることができるとは思わなかった夜景が見れました。

m.2014.9.10.161.jpg

m.2014.9.10.162.jpg

m.2014.9.10.164.jpg

m.2014.9.10.165.jpg

m.2014.9.10.166.jpg

m.2014.9.10.167.jpg
(2014/09/14(Sun) 16:24:37)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録D自治能力を格段に向上させたリーダー会議)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録D自治能力を格段に向上させたリーダー会議)

「帽子を脱いで。」とか,
「並んだら,座って。」とか,
「集中して。」とか,
児童が自分たちで声を掛け合って,
集団行動を成功させていく力を
自治能力と言います。

今回の修学旅行で,
児童は自治能力を,
大きく伸ばしました。

これは,必ず今の5年生に引き継いでほしい力です。

その自治能力を伸ばした原動力は,
実行委員や部屋長などのリーダー会議にあるいます。
修学旅行中,リーダー会議は何度も開催されました。

時間厳守の大切さなど,
貴重な体験をした児童もいました。
今後に活かしてもらいたいです。

m.2014.9.10.151.jpg

m.2014.9.10.152.jpg

m.2014.9.10.153.jpg

m.2014.9.10.154.jpg

m.2014.9.10.155.jpg

m.2014.9.10.156.jpg

m.2014.9.10.157.jpg
(2014/09/14(Sun) 16:10:27)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録C夜のポーズ大賞)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録C夜のポーズ大賞)

各部屋ごとに,30秒以内の話し合いで,
仲間との団結(今風に言うと”絆”でしょうか。)を,
ポーズで表現してもらいました。

ねらいは,
1.臨機応変にプロジェクトでまとめ上げる組織力育成
2.場に合った,美的感覚を伴う表現力育成
です。

皆さんなら,どのチームに投票しますか。

ただし,お風呂の関係で参加できなかったチームや人,
複数の作品を応募したチームがあります。
ご了承ください。

m.2014.9.10.150.jpg

m.2014.9.10.132.jpg

m.2014.9.10.133.jpg

m.2014.9.10.134.jpg

m.2014.9.10.135.jpg

m.2014.9.10.136.jpg
m.2014.9.10.137.jpg

m.2014.9.10.138.jpg

m.2014.9.10.139.jpg

m.2014.9.10.140.jpg

m.2014.9.10.141.jpg

m.2014.9.10.142.jpg

m.2014.9.10.143.jpg

m.2014.9.10.144.jpg

m.2014.9.10.145.jpg

m.2014.9.10.146.jpg

m.2014.9.10.147.jpg

m.2014.9.10.148.jpg

m.2014.9.10.149.jpg
(2014/09/14(Sun) 15:24:41)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録Bホテル到着 達成できるか青森・秋田並みの礼儀正しい入館式)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生
(記録Bホテル到着 達成できるか青森・秋田並みの礼儀正しい入館式)

事前に,
U先生は館内の状況を確認し,
直接児童を入館させないで,
館外でクールダウンさせました。
見事な判断でした。

m.2014.9.10.131.jpg

m.2014.9.10.120.jpg

m.2014.9.10.121.jpg

m.2014.9.10.122.jpg

m.2014.9.10.123.jpg

m.2014.9.10.124.jpg

m.2014.9.10.125.jpg

m.2014.9.10.126.jpg

m.2014.9.10.127.jpg

m.2014.9.10.128.jpg

m.2014.9.10.129.jpg

事前学習が生きていました。
見事な入館式でした。
(2014/09/14(Sun) 14:52:01)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録Aやっと五稜郭へ着きました)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録Aやっと五稜郭へ着きました)

m.2014.9.10.60.jpg

m.2014.9.10.61.jpg

m.2014.9.10.62.jpg

m.2014.9.10.63.jpg

m.2014.9.10.64.jpg

m.2014.9.10.65.jpg

m.2014.9.10.66.jpg

m.2014.9.10.67.jpg

m.2014.9.10.68.jpg
m.2014.9.10.69.jpg

m.2014.9.10.70.jpg

m.2014.9.10.71.jpg

m.2014.9.10.72.jpg

m.2014.9.10.73.jpg

m.2014.9.10.75.jpg

m.2014.9.10.76.jpg

m.2014.9.10.77.jpg

m.2014.9.10.78.jpg

m.2014.9.10.79.jpg

m.2014.9.10.80.jpg

m.2014.9.10.81.jpg

m.2014.9.10.82.jpg

m.2014.9.10.83.jpg

m.2014.9.10.84.jpg

m.2014.9.10.85.jpg

m.2014.9.10.86.jpg

m.2014.9.10.87.jpg

m.2014.9.10.88.jpg

m.2014.9.10.89.jpg

m.2014.9.10.90.jpg

m.2014.9.10.91.jpg

m.2014.9.10.92.jpg

m.2014.9.10.93.jpg

m.2014.9.10.94.jpg

m.2014.9.10.95.jpg

m.2014.9.10.96.jpg

m.2014.9.10.97.jpg

m.2014.9.10.98.jpg

m.2014.9.10.99.jpg

m.2014.9.10.100.jpg

m.2014.9.10.101.jpg

m.2014.9.10.102.jpg

m.2014.9.10.103.jpg

m.2014.9.10.104.jpg

m.2014.9.10.105.jpg

m.2014.9.10.106.jpg

m.2014.9.10.107.jpg

m.2014.9.10.108.jpg

m.2014.9.10.109.jpg

m.2014.9.10.110.jpg

m.2014.9.10.111.jpg

m.2014.9.10.112.jpg

m.2014.9.10.113.jpg

m.2014.9.10.114.jpg

m.2014.9.10.115.jpg

m.2014.9.10.116.jpg

m.2014.9.10.117.jpg

(2014/09/14(Sun) 12:01:48)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録@バスで函館へ)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(記録@バスで函館へ)

代替バスの移動でしたが,
特別おやつを食べることができたことと,
他のお客さんに気を使わずに済んだので,
かえって良かったと言っていた子も居りました。

子どもなりに気を使っているのだなあと思いました。

m.2014.9.10.27.jpg

m.2014.9.10.28.jpg

m.2014.9.10.29.jpg

m.2014.9.10.30.jpg

m.2014.9.10.31.jpg

m.2014.9.10.32.jpg

m.2014.9.10.33.jpg

m.2014.9.10.34.jpg

m.2014.9.10.35.jpg

m.2014.9.10.36.jpg

m.2014.9.10.37.jpg

m.2014.9.10.38.jpg

m.2014.9.10.39.jpg

m.2014.9.10.40.jpg

m.2014.9.10.41.jpg

m.2014.9.10.42.jpg

m.2014.9.10.43.jpg

m.2014.9.10.44.jpg

m.2014.9.10.45.jpg

m.2014.9.10.46.jpg

m.2014.9.10.47.jpg

m.2014.9.10.48.jpg

m.2014.9.10.49.jpg

m.2014.9.10.50.jpg

m.2014.9.10.51.jpg

m.2014.9.10.52.jpg

m.2014.9.10.53.jpg

m.2014.9.10.54.jpg

m.2014.9.10.55.jpg

ここ数年で,
ハセガワストアの焼き鳥弁当が,
本校修学旅行の昼食の定番になってしまいました。

m.2014.9.10.56.jpg

m.2014.9.10.57.jpg



(2014/09/14(Sun) 10:47:52)
8/29 自然教室(ふぉれすと鉱山) 5年生大きく成長(記録D)
8/29 自然教室(ふぉれすと鉱山) 5年生大きく成長(記録D)

「川上の秘境の滝目指せ@三段の滝」チームの様子です。

m.2014.9.14.6.jpg

m.2014.9.14.7.jpg

m.2014.9.14.8.jpg


m.2014.9.14.9.jpg

m.2014.9.14.10.jpg

m.2014.9.14.11.jpg
(2014/09/14(Sun) 08:04:53)
8/29 自然教室(ふぉれすと鉱山) 5年生大きく成長(記録C)
8/29 自然教室(ふぉれすと鉱山) 5年生大きく成長(記録C)

「幌別RIVER川ザンマイ冒険編」チームのようすです。

ライフジャケットで浮かぶ感覚を体験した子もいたようです。

m.2014.9.14.1.jpg

m.2014.9.14.2.jpg

m.2014.9.14.3.jpg

m.2014.9.14.4.jpg

m.2014.9.14.5.jpg




(2014/09/14(Sun) 07:52:12)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(目標3に視点を当てて)
9/10.11 修学旅行で大きく成長した6年生(目標3に視点を当てて)

私は,ここ10年以上,
児童が身に付けることが困難になってきた,
第3の目標に視点を絞って観察を続けました。

m.2014.9.10.19.jpg

 第3の目標とは,
集団生活を通して,
基本的な生活習慣や公衆道徳などについての体験を積み,
互いを思いやり,
共に協力し合ったりするなどの人間関係を築く態度を育てる。」
というものです。

m.2014.9.10.20.jpg

 私は一言で言って,
今回の修学旅行の大きな成果は,
子どもたちの自治の力を,
大きく伸ばしたということだと思います。

m.2014.9.10.21.jpg

 先生方は,全体に指示をすると共に,
グループリーダーに点検させました。
 グループリーダーは,
「並んで。」とか,
「並んだら,座って。」
「帽子を取って。」
「顔を上げて。」
などと言って,
グループに指示を飛ばします。
メンバーは,リーダーの指示に従います。
リーダーは,動作が完了したのを見届けて,
担任の先生に,
「A班,完了しました。」とか,
「B班,全員そろっています。」
などと言って報告します。

m.2014.9.10.22.jpg

これらのリーダーシップとフォローワーシップは,
場面が変わる度に,
どちらも全員が経験する必要があります。
全員が,どちらも熟達しなければならない,
社会性育成上の達成課題です。
このことに関する指導は,
中学年から指導しなければ
間に合いません。
思春期の入り口の高学年からスタートしたのでは,
達成に大きなエネルギーが必要になるいます。

m.2014.9.10.23.jpg

中学年以降は子供同士の関係が,
その子にとって重要になってくるいからです。

友達が言うことを聞いてくれたという,
リーダーシップ体験は,
子どもに大きな自信を与えます。
友達に協力できたという体験は,
思いやりにつながります。
このことは,先生に褒められた以上に,
大きな喜びにつながるのです。

m.2014.9.10.24.jpg

先生の役割は,
子どもがつながっていく様子をじっくり見守り,
褒めてやればよいのです。
十分でなければ,
再度指示すればよいのです。

特に高学年の子どもの,
自己肯定感や自尊感情は,
友達に認められたときに大きく高まります。
先生や親に褒められて,さらに確かなものになります。

m.2014.9.10.25.jpg

そのことを忘れて,
子どもと子どもをつないでいくことをせず,
ただ,指示ばかりして,
教師の言うことを聞かせようと躍起になっている先生では困ります。
これでは,自律にも自立にもつながりません。
もう一度言います。
先生の仕事は,
子どもと教材(他の人),
子どもと子ども,
子どもと内なる自分をつなぐ仕事です。

本校の6年生の担任の先生は,
このことを見事にやってのけました。
先生方は,
子供同士がつながっていく様子を
粘り強く見守ってくれました。
不十分なときは,
再度指示し直してくれました。

修学旅行の終盤には,
子供同士が声を掛け合い,
並ぶのも帽子を取るのも早くなっていました。

学級写真も,
3クラス計6分で撮影し終わることができました。

舞い上がって,
収拾の取れなくなったクラスは,
並ばせるだけでも,
帽子を取らせるだけでも,
何分もかかります。

3クラス計6分は,
児童が集団行動に熟達してきたことの証です。

また,高学年にとって,
注意し合える,
声を掛け合えるクラスになるためには,
よほど思いやりの心,助け合う心が育っていなくては無理です。
安心して指摘できる関係は,
民主主義が確立していないクラスには無理です。
私は,6年生がどのクラスも,
思いやりのある民主的なクラスになってうれしいです。

これは,教育の最終目標だからです。

私が,6年担任に賞賛を送る一番のポイントはここです。
よく育てるだけでなく,
よく子どもが育っていくのを見守ってくれました。
木の上に立ってじっと見守ることができるから,親と言うのです。

子どもを見守る力,
これが,現代の大人に一番欠けている能力だと思います。
6年担任は,ここがすごいのです。

そして,大切なこと。
6年生児童には,
高いレベルの教師の期待に応える力が,
十分備わっていると言う事実です。

m.2014.9.10.26.jpg

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp





(2014/09/13(Sat) 18:53:00)
9/11 大雨によるJR運休のため1時間44分遅れてバスにより出発しました(修学旅行記@)
9/11 大雨によるJR運休のため1時間44分遅れてバスにより出発しました(修学旅行記@)

大雨で白老川が増水したため,
JRが運休しました。

代替バスの手配により,
9時45分出発しました。

お見送りの保護者さんには,
ご迷惑をおかけしました。
最後まで,
見守ってくださった保護者さんもいらっしゃいます。
深くお礼申し上げます。

子どもたちも,
おとなしく,
よく耐えました。
立派でした。

緊急事態ということで,
教頭先生が,
室蘭市の緊急メール配信システムを活用して,
帰着まで6回,6年生の保護者さんに,
状況説明させて頂きました。
保護者さんにとって,いかがでしたでしょうか。

m.2014.9.10.1.jpg

m.2014.9.10.2.jpg

m.2014.9.10.3.jpg

m.2014.9.10.4.jpg

m.2014.9.10.5.jpg

m.2014.9.10.6.jpg

保護者さんも不安そうです。

m.2014.9.10.7.jpg

m.2014.9.10.8.jpg

m.2014.9.10.9.jpg

m.2014.9.10.10.jpg

m.2014.9.10.11.jpg

m.2014.9.10.12.jpg

m.2014.9.10.13.jpg

m.2014.9.10.14.jpg

m.2014.9.10.15.jpg

m.2014.9.10.16.jpg

m.2014.9.10.17.jpg

何人も最後まで残ってくださいました。
あわててシャッターを切りましたが,
ワイドで撮れませんでした。

m.2014.9.10.18.jpg


(2014/09/13(Sat) 17:32:05)
校長修行 : 修学旅行の回復休暇は助かりました
校長修行 : 修学旅行の回復休暇は助かりました

m.2014.9.11.2.jpg

担任をしていたときは6回,
教務主任をしていて1回,
教頭のときに2回,
校長として10回,
私にとって計19回目の修学旅行が終わりました。

37年間の教員生活の中で,
半分は修学旅行に携わっていたことになります。

今年は,5年生の自然教室の後も,
修学旅行の後も,
学校へ顔を出さず,
担任の先生同様,回復休暇を取り,
ベッドの上で過ごしました。

体の節々が痛くて,
今回ばかりは,
教職員に与えられている回復休暇に感謝しました。

朝の4時50分,
雷と大雨で,
テレビとスマホをチェックしました。
大雨警報が出ていましたが,
風はありません。
天気も好転する予報です。
八丁平小学校は高台にあるので,
臨時休校は考えられません。
教育委員会の動きもないようです。

八丁平小学校は,津波の心配もありません。
海陽小学校勤務のときは,
東日本大震災の日は,学校が避難所となり,
30人近くの住民と一夜を共にしました。
災害に強い,八丁平小学校に勤務している私たちは,幸せです。

教頭先生から,
3.4年生児童を写生会現地に移動させたい旨,
連絡がありました。
外の状態からして,
安心して了承しました。

ひと段落して,
節々の痛む体を,
再びベッドに横たえました。

修学旅行の写真を整理して,
もう小学生児童の写真を撮ることもないのだなあと,
感傷的な気になりました。

おっと,
今日は朝から団地理事会主催の「どぶさらい」があります。
修学旅行の報告は一時中断です。

m.2014.9.11.1.jpg

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/13(Sat) 07:48:01)
9/9 ほのぼのとしていて力強い6年修学旅行結団式行われる
9/9 ほのぼのとしていて力強い6年修学旅行結団式行われる

私たちが目指しているのは,
元気で明るく,騒々しい学校でも,
のびのび暴れて,荒れている学校でもありません。

一人ひとりの友達も,先生方にも,他の方々にも思いやれる6年生。
ほのぼのしていても,礼儀正しい6年生。
笑いがあっても,品の良い6年生。

このような6年生がリーダーシップを発揮している,
温かい学校を作りたかったのです。

あなたたちなら,
最高の修学旅行を実現することができる気がする。
担任の先生は,こうみんなに語りました。

私もそんな気がするのです。

5年生の自然学習でも思ったことですが,
6年生の修学旅行の先生方の指導のきめ細かさには,
驚かされます。

昔は,今の子に比べて社会性を身に付ける機会が多くありました。
ですから,連れて行くだけでなんとかなりました。

今の子は社会性を身に付ける機会が,
昔に比べて減ってきました。

ですから,先生方は本当に多くの事に気遣いしながら,
計画や準備にあったっています。
その先生方の献身的な働きに,5年生は応えてくれました。
6年生も,結団式で
「がんばるよ。」というまなざしで,
応えてくれました。

この頃,
思いやりのある美しい場面に出会うと,
涙がでてきます。
6年生は美しいです。
私は,涙をぬぐいながら,
校長室にもどりました。

m.2014.9.9.5.jpg

m.2014.9.9.6.jpg

m.2014.9.9.7.jpg

m.2014.9.9.8.jpg

m.2014.9.9.9.jpg

m.2014.9.9.10.jpg

m.2014.9.9.11.jpg

m.2014.9.9.12.jpg

m.2014.9.9.13.jpg

m.2014.9.9.14.jpg

m.2014.9.9.15.jpg

m.2014.9.9.16.jpg

m.2014.9.9.17.jpg


m.2014.9.9.18.jpg

m.2014.9.9.19.jpg

m.2014.9.9.20.jpg

m.2014.9.9.21.jpg

m.2014.9.9.22.jpg

m.2014.9.9.23.jpg

m.2014.9.9.24.jpg

m.2014.9.9.25.jpg

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/09(Tue) 16:17:53)
9/9 今日は救急の日(保健室掲示板より) 自分の命は自分で守ろう!
9/9 今日は救急の日(保健室掲示板より) 自分の命は自分で守ろう!

9/8は,予告なしの避難訓練でした。
東北大震災で,
無事に避難した小学生から学びましょう。
普段から,どこへ避難すればよいか考え,
自分の力でそれぞれ全員が,
高台に避難したのです。

けがの手当ても同じです。
だれもいない時は,
たよりになる人や救急車が来るまで,
自分で手当てするほかないのです。

全員に読んでほしい掲示です。

m.2014.9.9.4.jpg
(2014/09/09(Tue) 15:29:47)
食育(保健室掲示板より) : 賢い頭も,他の人への思いやりの心も,病気にならない健康な体も,食べ物からきているって知っていましたか 
食育(保健室掲示板より) :
  賢い頭も,他の人への思いやりの心も,病気にならない健康な体も,食べ物からきているって知っていましたか 

保健室の掲示板を,毎日見ていますか。
毎日の,給食の献立の食材を,
保健室のH先生が掲示してくださっています。

<赤>に分類された食べ物を食べないと,
骨や筋肉がつきません。

<黄色>に分類された食べ物を食べないと,
体が動かなくなります。

<緑色>に分類された食べ物を食べないと,
病気になってしまいます。

毎日見ているうちに,
バランスの取れた食事について知識が深まります。
自分でも,気を付けて食事を取るようになります。
大きくなると,食事を作る時にも役立ちます。

m.2014.9.9.1.jpg

m.2014.9.9.2.jpg

[食育(保健室掲示板より) : 賢い頭も,他の人への思いやりの心も,病気にならない健康な体も,食べ物からきているって知っていましたか ]の続きを読む
(2014/09/09(Tue) 15:17:19)
9/8 予告なしの秋の避難訓練 自治の力がついてきた
9/8 予告なしの秋の避難訓練 自治の力がついてきた

秋の避難訓練は中休み終了直前の10時33分,
予告なしで行いました。

おしゃべりしている人も多少いましたが,
ほとんどの人は,
口を閉じて,
緊急放送を聞いていました。

m.2014.9.8.1.jpg

m.2014.9.8.2.jpg

避難完了時間は,3分17秒でした。
春は,4分2秒だったので,
だいぶ早く避難できました。

平成23年の春は,
避難完了時間が4分56秒でした。
全校の集中力が,
確実に高まっていると思います。

m.2014.9.8.3.jpg

m.2014.9.8.4.jpg

並ばせ係の児童が,指示を出しているクラスもありました。
これは,立派なことです。
いつも先生がいるとは限りません。
先生が,トイレに取り残された児童を救出している場合もあるからです。

自分たちで並んで,体育座りができる力を,
自治(じち)の力と言います。
友達に指示する力(リーダーシップ),
友達の指示にしたがう力(フォロアーシップ),
これから,この力をうんと伸ばしてもらいたいです。

m.2014.9.8.5.jpg

m.2014.9.8.6.jpg

m.2014.9.8.7.jpg

m.2014.9.8.8.jpg

m.2014.9.8.9.jpg

m.2014.9.8.12.jpg

m.2014.9.8.10.jpg

m.2014.9.8.11.jpg

消防士のHさんもあいさつで,
こんな立派な子どもを見たことがないと,
児童の行儀(ぎょうぎ)の良さをほめてくださいました。
ありがとうございました。

合わせて,ハンカチを当てて,
煙を吸わない工夫をすることの大切さも
改めて,教えて頂きました。

m.2014.9.8.13.jpg

m.2014.9.8.14.jpg

今回もたくさんの「聞き方名人」が誕生しました。

m.2014.9.8.15.jpg

m.2014.9.8.16.jpg

今日は,おいそがしい中,
5人の消防士の皆さんが指導に当たって下さいました。
ありがとうございます。

m.2014.9.8.17.jpg











(2014/09/08(Mon) 12:17:28)
9月10・11日 6年生修学旅行に期待する「思いやる心」の高まり
9月10・11日 6年生修学旅行に期待する「思いやる心」の高まり

6年生には,修学旅行を通して,本校の教育目標の2番目に掲げた,
「思いやりの心をもち 助け合う子」
として,
見ている方々がうっとりとする品のある集団行動をとってほしいと思います。

思いやりのある集団行動の達人は,
自分から進んで実行する人です。

思いやりのある集団行動の発展途上人は,
先生に指示される前に,
友達の指示で素直に実行する人です。

思いやりのある集団行動の入門者は,
先生に指示されて素直に実行する人です。

先生に注意されてむかついた態度をとる人や,
反抗(はんこう)する人はいないと思うので,
これ以上は書きません。

全員が,達人を目指してください。
先生に指示される前に,
できていない子には,
周りの子がやさしく指示してください。
その人は,発展途上人になれます。

集団行動の入門者のままでは情けないです。

「思いやりの心」には,
相手に迷惑(めいわく)をかけない段階(入門)から,
相手に喜んでもらう(貢献)段階(達人)まで,
いくつもの関門があります。

自分が相手に貢献したとしても,
喜んでくれるどころか,
文句を言われる事だってあるからです。
相手がどんな人かを知らなければ,
いつも喜んでもらえる人にはなれません。


他の人に迷惑をかけない入門編からお伝えします。
良くある過去の失敗例から,
目標を立ててみました。

□移動は,列を作って,他の人の通行をさまたげずに歩く。
□人の話は,全員が立って聞くか,椅子にかけて聞くか,体育座りで聞く。
  (壁への寄りかかり,うんこすわり,あぐらをかいて聞くのは,ルール違反です。)
□室内の場合,人の話は,帽子を脱いで聞く。
□写真を撮影する場合は,素早く並び,帽子をとる。
□係の方の説明は,体と目を向けて聞く。(学習ルールと同じ。)
□ホテルに入るときや,ロビー移動時は,おしゃべりをしない。
□ガイドさんが説明しているときは,お話しをしない。
□枕投げなどをして遊んで,ふすまなどの施設・設備・備品をこわさない。

秋田や青森の子並みの整然とした集団行動で,函館の市民を驚かしてください。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp

(2014/09/07(Sun) 12:58:25)
教師修業 何のために修学旅行を行うか 
教師修業 何のために修学旅行を行うか 

 修学旅行は,学校行事の遠足・集団宿泊的行事に含まれます。
ねらいは,以下の通りです。(「小学校学習指導要領解説『特別活動編』H20年8月発行」

1.校外の豊かな文化に触れる体験を通して,
学校における学習活動を充実させる。

2.校外における集団活動を通して,
教師と児童,児童相互の人間的な触れ合いを深め,
楽しい思い出を作る。

3.集団生活を通して,
基本的な生活習慣や公衆道徳などについての体験を積み,
互いを思いやり,
共に協力し合ったりするなどの人間関係を築く態度を育てる。

以上のねらいを達成させるために,
6年生はJRを使って函館に行ってまいります。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp

(2014/09/07(Sun) 12:10:41)
9月10・11日6年生函館修学旅行でさらに育んでほしい「思いやりの心」
9月10・11日6年生函館修学旅行でさらに育んでほしい「思いやりの心」

  戦後民主主義の行き過ぎで,
日本人は個人主義を通り越して利己主義になってしまったと嘆く人がいます。
自分さえ良ければ相手はどうなってもいいという自分勝手な人に,
憤慨する人もたくさんいます。
しかし,大人にルールを守ってほしいと言っても効き目がないので,
子どもの道徳教育に期待する声が広がってきました。 

  そこで,文科省から「わたしたちの道徳」が,
1・2年,3・4年,5・6年向けに3冊発行されました。
学校だけでなく,
ご家庭でも活用してほしいと文科省は呼びかけています。
ご覧になりましたか。
よくできていますよ。

  論語が5年生国語の教科書に登場しました。
「人生で一番大切なのは思いやりだよ」
と答えた孔子(こうし)は,
「己(おのれ)のほっせざるところは,人に施(ほどこ)すことなかれ。」
(自分が人からされたくないと思うことを,他人に対してしてはならない。)
と弟子に言いました。

  さらに孔子は,
「過(あやま)ちて改(あらた)めざる,これを過ちと謂(い)ふ(う)。」
(人はだれでも,過ちがあるものだが,
あやまちをおかしてそれを改めないのが,
本当の過ちというものだ。)
と言っています。

  全国学力調査で驚くべき正答率を誇った6年生の皆さんには,
高い学力に見合った心も育んで欲しいと思います。
私も,孔子の言うように,
「思いやりの心」を,
さらに育む修学旅行にしてほしいと思います。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp



(2014/09/07(Sun) 12:04:56)
室蘭市をみどりでいっぱいにする会主催 小学生朝顔展 八丁平小学校最優秀賞(室蘭民報より)
室蘭市をみどりでいっぱいにする会主催 
小学生朝顔展 八丁平小学校最優秀賞(室蘭民報より)

9/2 夕刊に載っていました。

m.2014.9.6.1.jpg
(2014/09/07(Sun) 07:05:13)
教師修行 : 『教えて考えさせる授業』づくりの大きな成果とその還元
教師修行 : 『教えて考えさせる授業』づくりの大きな成果とその還元

本校児童は,この3年間で,
本校職員も驚くほど,
学力調査における正答率の向上を達成した。

この要因は,複雑で多岐に渡っている。

しかし,先生方による授業改善の成果が,
大きな要素を占めているだろうということには,
疑う余地がないと考える。

『教えて考えさせる授業』づくりは,
3年前に国語からスタートした。
現在は,国語3分の1,
算数3分の2の割合で研修している。

『教えて考えさせる授業』づくりは,
算数に比べて,国語は難しい。

しかし,かつて見られた,
国語の教科書を見せないで,
「これから,学級会での話し合いの仕方を学びます」
「どんな工夫があるか,教科書を見ないで発見してみましょう」
と言う,
算数風「やり方発見の授業」は,
影を潜めた。

先生方は,学習用語を活用し,しっかり基礎を教えてから,
表現させたり,吟味させたりしている。
この成果は大きい。

9月30日は,本校公開研究会である。
今までの,授業づくりの成果を,
他の学校の先生方に還元する日がやってくる。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/06(Sat) 18:07:42)
全国学力調査で本校児童正答率は秋田レベルまで向上!
全国学力調査で本校児童正答率は秋田レベルまで向上!

先に2年から5年生の標準学力調査結果で,
どの学年も,
国語・算数の活用(応用)問題の正答率を,
10ポイント程度向上させたことを,
お知らせいたしました。
おかげで,学年により多少のばらつきはあるものの,
学校全体として,全国水準に到達しました。

6年生の全国学力調査の正答率は,
秋田レベルに近づきました。
素直に喜びた合いたいと思います。

本校は,学力上位の秋田や青森県の小学校を,
のべ8人で4校も視察していました。
参観した学級数は,50を超えます。
多忙な中,温かく受け入れてくださった校長先生をはじめ,
先生方には,何とお礼を言っていいか言葉も浮かびません。

また,現在の学習指導要領のキーワードである,
教えて考えさせる指導に基づく授業づくりでは,
その提唱者である,
東京大学大学院教授の市川伸一先生に,
直接指導を賜りました。
今年,9月30日の公開研究会を含め2度の講演を頂くことになります。
また,本校職員も延べ9人が,
東京大学や札幌で直接市川伸一先生のお話を伺い,
学ばせて頂きました。

市川伸一先生には,
この場をお借りして,
厚くお礼を申し上げます。

北海道教育委員会や,
室蘭市教育委員会の物心両面のご支援には,
深く感謝いたします。

私たちは学校経営や運営のあり方や学年教師集団の作り方,
「教えて考えさせる授業」の作り方,
「学習ルール」の児童への定着の仕方,
時間割の工夫など,
学べるものは,何でも学んできました。

「学ぶことは,まねること」と,
よく言われますが,
まねているうちに,秋田や青森のようになりました。
そのうちに,八丁平小学校のオリジナルも少しずつ見えてきました。

うれしいことは,
理想のモデルを,他の国や他の県だけから求めるのではなく,
本校の児童や保護者さん,
先生方のチームワークに求めることのできる学校になったことです。

なぜ,ここまで向上したのか,
児童や保護者さんの取組や
先生方のチームワークについて,
詳細に検証する必要があると思います。

そして,他の学年に伝えて継承してもらうだけでなく,
市内の他の学校にも還元していく必要があります。
このことは,たくさん他の学校から学ばせてもらった本校の使命だと思います。

また,学力は基礎(A問題)と活用(B問題)だけではありません。
PISAや学力調査では明らかにできない学力もあります。
それは,探究能力や表現力です。
学校説明会でお話したように,
これらを土台とした探究能力や表現力の育成が,
26年度以降の本校の学習課題です。

また,学力に見合った,
社会性や健康な体の育成も大きな課題です。

私たちも,少しでも子どもたちのお手本になれるよう,
学び続け,品格を磨いていきたいと思いますので,
今後とも,ご支援のほどよろしくお願い致します。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/06(Sat) 17:38:51)
9/6 新聞記事紹介 室蘭ボランティアアドバイザーの会 学校視察(室蘭民報)より
9/6 新聞記事紹介 室蘭ボランティアアドバイザーの会 学校視察(室蘭民報)より

児童の様子ものっていました。

m.2014.9.6.0.jpg
(2014/09/06(Sat) 09:32:22)
8/29 自然教室(ふぉれすと鉱山) 5年生大きく成長(記録B)
8/29 自然教室(ふぉれすと鉱山) 5年生大きく成長(記録B)

5年生が,「川又温泉探検」について,
校長室を訪れ報告してくれました。

川又温泉までは,5kmもの道のりがあるそうです。
川を上るのは大変でしたが,
その分,現地で食べた昼食はとてもおいしかったそうです。

川の横に,温泉が湧き出ていました。
囲いを作って,入れるようになっています。
友達は,腰や首までつかっていたそうです。
温かくて,気持ちが良かったそうです。
途中,ウォータースライドのようなところがあって,
滑り降りた友達もいたそうです。

SIさんは,
「川又温泉は,心も体もホッとなった。
川の水も冷たくきれいだった。」
SYさんは,
「温泉は,とても気持ちよかった。」
と言う感想を「5年自然教室のしおり」に記述しました。

私は,ちゃんと1列に並んで川を上っていく写真を見て,
うれしくなりました。
団体行動が上手になりました。
たいしたものです。

m.2014.9.5.20.jpg

m.2014.9.5.21.jpg

m.2014.9.5.22.jpg

m.2014.9.5.23.jpg

m.2014.9.5.24.jpg

m.2014.9.5.25.jpg

m.2014.9.5.26.jpg

m.2014.9.5.28.jpg

m.2014.9.5.27.jpg





[8/29 自然教室(ふぉれすと鉱山) 5年生大きく成長(記録B)]の続きを読む
(2014/09/05(Fri) 21:39:02)
平成26年度 室蘭市朝顔作品展 5年連続「最優秀賞」受賞おめでとう!
平成26年度 室蘭市小学校朝顔作品展 5年連続「最優秀賞」受賞おめでとう!

「室蘭を緑いっぱいにする会」が主催です。

審査基準は,
1.成長度合い
2.花の咲き具合
3.葉や茎の色つや
4.手入れの度合い
です。

アサガオは,1年生が生活科で育てました。

夏休み中は,お家でご家族の方と一緒に,
一生懸命世話をしたのでしょう。
ご協力ありがとうぞざいました。

5年連続,最優秀賞とはすごいことです。
おめでとうございます。
八丁平小学校の自慢がまた増えました。

出品しなかった子のアサガオも,
美しく咲きました。
葉も花も立派でした。

1年生は,
世話を続けて,
種取り作業に入ります。

m.2014.9.5.0.jpg

m.2014.9.5.1.jpg

m.2014.9.5.2.jpg

m.2014.9.5.3.jpg

m.2014.9.5.4.jpg

m.2014.9.5.5.jpg

m.2014.9.5.6.jpg

m.2014.9.5.7.jpg






(2014/09/05(Fri) 11:53:36)
9/4 室蘭ボランティアコーディネーターの会の皆さんが本校を視察されました
9/4 室蘭ボランティアコーディネーターの会の皆さんが本校を視察されました

市民の方を含め,21人による視察会が行われました。

主に1学期の高齢者疑似体験(6年総合)で,
本校6年生の指導に当たられた方々が,
授業風景を視察されました。

ちょうど,1年生が「私の宝物」を発表したり,
「数え方」の授業を見せてくれました。
発表や質問も立派でした。
あいさつもよくできていました。
1年生の皆さんありがとう。

4年生は,コンピュータ室で,
点字について調べている所を見せてくれました。
それだけでなく,
授業のねらいを児童が説明してくれました。
ありがとう。

6年生は,「修学旅行」「習字」「計算」の学習場面を見せてくれました。

給食時間は,
6年生が一緒に食べてくれました。
学校を紹介してくれたり,
食器の後片付けを手伝ってくれたり,
席を替わって視察に来られた方とお話しをしてくれたりしました。

私は,八丁平小学校が,
参観者に「おもてなし」のできる学校に,
進化したことを実感しました。

「おもてなしの心」で接遇してくれた全ての児童の皆さん,
ありがとう。

視察された方々には,
大変喜んで頂きました。

いい,子どもたちです。
私は,自信がつきました。

m.2014.9.4.1.jpg

m.2014.9.4.2.jpg

m.2014.9.4.3.jpg

m.2014.9.4.4.jpg

m.2014.9.4.5.jpg

m.2014.9.4.6.jpg

m.2014.9.4.7.jpg

m.2014.9.4.8.jpg

m.2014.9.4.9.jpg

m.2014.9.4.10.jpg

m.2014.9.4.11.jpg

m.2014.9.4.12.jpg

m.2014.9.4.13.jpg

m.2014.9.4.14.jpg

m.2014.9.4.15.jpg

m.2014.9.4.16.jpg

m.2014.9.4.17.jpg

m.2014.9.4.18.jpg

m.2014.9.4.19.jpg

m.2014.9.4.20.jpg

m.2014.9.4.21.jpg

m.2014.9.4.22.jpg

m.2014.9.4.23.jpg

m.2014.9.4.24.jpg

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/04(Thu) 18:19:50)
改めて交通安全の徹底を!
改めて交通安全の徹底を!

2学期始業式から3日間,
地域・PTA・教職員で,
登校時の交通安全指導を行いました。


事故を防ぐために,
学校でも,全校指導を行っています。

改めて,お家でも声かけをお願い致します。

□自転車から降りて歩いて横断歩道を渡る。
□自転車に乗っていなくても,走らないで,歩いて横断歩道を渡る。
□自転車に乗っている場合は,一時停止の標識のあるところは,必ず停止する。
□自転車に乗っている場合は,一時停止の標識のないところでも,十字路などでは徐行する。
□遊歩道から車道に出る時は,特に気をつける。

m.2014.8.21.3.jpg

m.2014.8.21.4.jpg

m.2014.8.21.5.jpg

m.2014.8.21.6.jpg

m.2014.8.21.7.jpg

m.2014.8.21.8.jpg

m.2014.8.21.9.jpg

m.2014.8.21.10.jpg

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/04(Thu) 17:10:48)
9/2 障がい者スポーツを体験しました(5年生総合 室蘭民報記事より)
9/2 障がい者スポーツを体験しました(5年生総合 室蘭民報記事より)

5年生は,総合学習で「思いやりの心を育む」
ことをねらいの一つとして学習しています。
私も初めて,障がい者スポーツ種目の「ボッチャ」を体験しました。
室蘭民報さんが,そのときの様子を紹介して下さいました。

m.2014.9.4.0.jpg
(2014/09/04(Thu) 16:11:35)
教師修行 8/26 桜蘭中学校区4校連携教育の一環として(教科書活用)研修会開催
教師修行 8/26 桜蘭中学校区4校連携教育の一環として(教科書活用)研修会開催

昨年度は,4校連携教育の一環として,
先生方を対象に,
「スキルアップ研修会」を何度も行いました。
本校の教頭先生やN先生も講師となって,学びあいました。

8月26日は,旭ヶ丘小学校のCHIBA先生に講師を勤めてもらい,
『算数の教科書の扱い方』について,研修を深めました。
私は,身近な先生のお話を聞いて学習することが大好きです。
学び合いです。
なんとなく,4校は仲間はだなあと思えてくるのです。

子どもの,ペアやグループ,一斉による学び合いも大切です。
子供同士に仲間意識が生まれるからです。
大人も子どもも同じです。

講師の,CHIBA先生,ありがとうございました。

m.2014.8.26.1.jpg

m.2014.8.26.2.jpg

m.2014.8.26.3.jpg

m.2014.8.26.4.jpg

m.2014.8.26.5.jpg

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/04(Thu) 15:52:58)
8/25  私も年を取って実感したカルシウムの大切さ〜4年食育(カルシウム指導より)〜 
8/25  私も年を取って実感したカルシウムの大切さ 
    〜4年食育(カルシウム指導より)〜 

先日,人間ドックに行ってまいりました。
骨密度を測定してもらいました。
骨粗しょう症ではなかったものの,
若い頃に比べると骨密度は低下しています。

子どものころカルシウムが不足すると,
年を取ると,背が低くなったり,
腰がが丸まったり,
腰痛などの原因になるそうです。
骨折しやすくなるそうで,
寝たきりになるのもいやです。

子どもは子どもで,
成長に影響したり,
骨折やイライラの原因にもなるそうです。

八丁平小学校のみなさん!
カルシウムを摂取しましょう!

m.2014.8.25.1.jpg

m.2014.8.25.2.jpg

m.2014.8.25.3.jpg

m.2014.8.25.4.jpg

m.2014.8.25.5.jpg

m.2014.8.25.6.jpg



(2014/09/04(Thu) 15:36:28)
8/29 自然教室(ふぉれすと鉱山)5年生大きく成長(記録A)
8/29 自然教室(ふぉれすと鉱山)で5年生大きく成長(記録A)

野外活動が終わって,
それぞれ入室しました。
10人以上で寝るのも,
このようにびっちり布団をしいて寝るのも,
初めての体験だった子もたくさんいたと思います。
うれしいですね。

m.2014.8.30.1.jpg

係の人の集中力は抜群でした。

m.2014.8.30.2.jpg

m.2014.8.30.3.jpg

夕食は,カレーライスでした。
ざんぎやポテトフライもつきました。
食事係の子が盛り付けたり,並べたりしてくれました。

m.2014.8.30.4.jpg

m.2014.8.30.5.jpg

いよいよ楽しい夕食です。
いただきますのあいさつも,
ごちそうさまのあいさつも立派でした。

m.2014.8.30.6.jpg

m.2014.8.30.7.jpg

m.2014.8.30.8.jpg

m.2014.8.30.9.jpg

m.2014.8.30.10.jpg

m.2014.8.30.11.jpg

m.2014.8.30.12.jpg

m.2014.8.30.14.jpg

m.2014.8.30.15.jpg

m.2014.8.30.16.jpg

m.2014.8.30.17.jpg

m.2014.8.30.18.jpg

m.2014.8.30.19.jpg

m.2014.8.30.20.jpg

m.2014.8.30.21.jpg

m.2014.8.30.22.jpg

m.2014.8.30.13.jpg

きれいに重ねたでしょう。
自慢(じまん)の子どもたちです。

m.2014.8.30.24.jpg

m.2014.8.30.25.jpg


m.2014.8.30.26.jpg
後片付けもしっかりできました。
「あなたは,おうちでもお手伝いをしっかりしているね。
てつきがいいね」
といったら,
「それほどでもありません」
と,普通の顔で答えてくれました。
よく働く子どもたちでした。

m.2014.8.30.27.jpg

m.2014.8.30.28.jpg









(2014/09/03(Wed) 18:29:30)
8/29 「ふぉれすと鉱山」自然教室で5年生は大きく成長!(記録@)
8/29 「ふぉれすと鉱山」自然教室で5年生は大きく成長!(記録@)

遠足,運動会,総合「室蘭再発見」,そして自然教室,
全て晴天に恵まれました。
5年生には,幸運の女神がついているのか,
5年生自体が,幸運の女神なのか,
ありがたいことです。

5年生の体育座りと,体の向き,
目の合わせ方はすばらしいです。

係の児童や先生,ガイドさんの話しを,
見事な姿勢で聞いていました。

話を聞くときは緊張感を持って,
それ以外は,体育座りはくずさず,
はめをはずさない程度にリラックスして聞けるとよいのです。

これだけ立派に,
子どもたちが聞けるようになるとは,
思いませんでした。

私たち教師も,
簡潔に説明しなければならないと思いました。
それぐらい,立派に人の話を聞いていました。

m.2014.8.29.0.jpg


m.2014.8.29.1.jpg

m.2014.8.29.2.jpg

m.2014.8.29.3.jpg

m.2014.8.29.4.jpg

m.2014.8.29.5.jpg

m.2014.8.29.6.jpg

m.2014.8.29.7.jpg

m.2014.8.29.8.jpg

m.2014.8.29.9.jpg

m.2014.8.29.10.jpg

m.2014.8.29.11.jpg

m.2014.8.29.12.jpg

m.2014.8.29.13.jpg

昼食をはさんで,
10:00〜15:00までの野外活動が,
自然教室のメインです。
児童は,「
幌別RIVER川ザンマイ冒険篇」
「川上の秘湯を目指せ@川上温泉」
「川上の秘境の滝を目指せ@三段の滝」の
3つのグループに分かれました。

児童は,
気をつけなければならない虫や植物について説明してくださる,
ガイドさんの話を真剣に聞いていました。
えらい!
(活動の様子は,「ふぉれすと鉱山」のHPに掲載されました。)

m.2014.8.29.14.jpg

m.2014.8.29.15.jpg

m.2014.8.29.16.jpg

m.2014.8.29.17.jpg

m.2014.8.29.18.jpg

m.2014.8.29.19.jpg

m.2014.8.29.20.jpg

m.2014.8.29.21.jpg

m.2014.8.29.22.jpg

m.2014.8.29.23.jpg

m.2014.8.29.24.jpg

私は,事故対策係として,
養護のH先生と一緒に宿舎で待機していました。
一緒に活動したかったです。
活動の様子は,担任の先生に聞きますね。
(2014/09/02(Tue) 18:01:23)
8/30 5年児童は自然教室で仲間を思いやり助け合うことができたか
8/30 5年児童は自然教室で仲間を思いやり助け合うことができたか

 自然教室は,本校の教育目標の一つである
「思いやりの心をもち 助け合う子」を
育成するのに,またとない機会だと考えました。
・友達をリードする力
・友達の指示に従う力
・友達を注意する力
・友達と協力し合う力
・友達と仲良く行動できる力
・友達を思いやる力
これらをまとめて,友達同士の力として,
「いくつの場面で達成できたか,数えていこう」と
呼びかけました。

・入館式などで,帽子をかぶったままの子に「帽子を取るんだよ」と教えてあげることのできる子が生まれました。
・グループやクラスの友達を並ばせることのできる児童が生まれました。
・「1列に並ぶんだよ。」と,教えてあげることのできる子も生まれました。
・相手が逆切れしないように,静かに言ったり,優しく言ったりできる子が生まれました。

まだ,相手が話し終わってから質問するなどのルールは,
十分身に付いているとはいえませんが,
たった2日間で,何か月分も成長した子どもたちでした。

集団行動に自信がついたのか,
「早く,修学旅行に行きたい」
と言う児童も出てきました。

これから,児童と先生は自然教室の「ふりかえり」活動に入ります。
どんなふり返りができるか,
どこまで心を成長させることができるか,
楽しみにしたいと思います。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp


(2014/09/02(Tue) 14:30:25)
8/30 5年児童は自然教室で大きな成長を遂げて帰ってきましたB
8/30 5年児童は自然教室で大きな成長を遂げて帰ってきましたB

宿泊学習の3つ目の目標は,
「集団生活を通して,
基本的な生活習慣や公衆道徳などについての体験を積み,
互いを思いやり,
共に協力し合ったりするなどの人間関係を築く態度を育てる」
です。

先生方は,献身的に児童の指導にあたってくれました。
大人がマナー教室に通うと,
1泊2日で5万円かかるとします。
先生方は,それ以上にきめ細かく指導してくれました。

・部屋にメンバーをおいてきぼりにしてホールに集合して,
やり直しをさせられたグループがありました。
総合学習「室蘭探検」でも,
メンバーがばらばらになったグループがありました。
修学旅行の自主研修の最中に,
仲間とはぐれてしまうことは許されません。
はぐれた友との合流は,そう簡単ではないからです。

・別棟に宿泊するグループが,
まくら投げをして指導されました。
 食堂から様子が良く見えるのです。
 施設の備品を大切に扱うことは,
 大切なルールです。
 後始末や清掃も同様です。
 修学旅行で,ホテルのふすまをまくら投げで破って,
ホテルの方にあやまるというはずかしい思いをしたくありません。

・上・下の,どのベッドで寝るか,
じゃんけんして決めることにしたグループがありました。
しかし,負けた子がむくれてしまいました。
勝負の世界です。
勝ってもいばらず。負けてもむくれず。
この大切さを,先生に指導されました。

・指導員さんや先生,係の児童の話は,ホールにいる場合,
体育座りで体と目を向けて,
おしゃべりしないで聞くと言うしつけを何度もしてもらっていました。

・その他,就寝時間や部屋の片付けなど,きめ細かく先生に指導を受けていました。

私は,日頃の学習で身に付けた,
生活習慣や公衆道徳を発揮する場として,
宿泊学習を教育に位置づけてきました。

しかし,「ふぉれすと鉱山」では,
そのつど指導が可能だと言うことに気付きました。

もう一度やり直しをさせたり,
なぜそうしなければならないか,
話して聞かせたりすることも可能でした。
予定を,変更することも可能でした。

修学旅行では,
バスの時間を遅らせたり,
予定を変更たりすることはできません。
ホテルで,児童に説教する教師はみじめです。

「ふぉれすと鉱山」は,
体験を通して,やり直しもさせながら,
基本的な生活習慣や公衆道徳を,
身に付けさせることが可能な,
すばらしい施設であることを,私は実感しました。

自然教室は子どもたちにとって本当に意義あるものだったのか,
児童と先生方のふり返りが,これから行われます。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp




(2014/09/02(Tue) 13:28:05)
8/30 5年児童は自然教室で大きな成長を遂げて帰ってきましたA
8/30 5年児童は自然教室で大きな成長を遂げて帰ってきましたA

二つ目の目標である
「校外における集団活動を通して,教師と児童,
児童相互の人間的な触れ合いを深め,
楽しい思い出を作る」
は,どうだったでしょうか。

児童の1日目のふり返りでは,
「今まで,話したことのない人と話をしたりして,仲良くよくなりました」
という記述を発見しました。
友達と一緒に過ごすだけでも楽しいものです。
共通の取組があると,更に絆は強くなります。
友達の輪を広げることができたでしょうか。
クラスが,仲間と言えるほど,前進したでしょうか。

また,先生方は児童に献身的に児童を指導してくれました。
そのことが児童に理解してもらえたでしょうか。
児童にとって楽しい自然教室だったでしょうか。
12月ごろまで,実施を延ばした方が良かったのでしょうか。

これも,児童の振り返りを待つことにしましょう。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/02(Tue) 10:12:20)
8/30 5年児童は自然教室で大きな成長を遂げて帰ってきました@
8/30 5年児童は自然教室で大きな成長を遂げて帰ってきました@

昼食をはさんで,
10:00〜15:00までの野外活動が,
自然教室のメインでした。

児童は,
「幌別RIVER川ザンマイ冒険篇」
「川上の秘湯を目指せ@川上温泉」
「川上の秘境の滝を目指せ@三段の滝」
の3つのグループに分かれました。

ガイドさんに誘導され,児童は腰や首まで水につかって活動しました。
恐怖と楽しさが入り混じった,
どの子にも一生忘れられない体験だったと思います。
(活動の様子は,「ふぉれすと鉱山」のHPに掲載されました。)

「夜のハイキング」は,
となりの友達(バディ)の顔も見ることのできない,
暗やみと静けさ(静寂)の中で行われました。

人工の音と光が失われた自然の中で,
私は恐怖と共に,自分の命が宇宙と溶け合うような感覚を体験しました。
息をひそめている自分も動物なのだと,改めて実感しました。
宇宙と一体になったような気がし,
童話作家,宮澤賢治を思い出しました。
道路際でホタルを見つけました。
「ナイトハイキングが一番良かった」と振り返ってくれた児童もいました。

危険と隣り合わせの体験でした。
時期や活動内容を考えると,
本校児童に適切なのか,
迷ったことも事実です。

ですから,今回は私が引率者に加わりました。
無事に帰ってくることができた事,本当に嬉しいです。
子ども達は,一生懸命集中し,
指導者の言うことを聞いて活動ました。
よく頑張った子ども達です。
「ふぉれすと鉱山」の自然教室は,
中止にしなくて良かったという結果に終わりました。
これも,けがなく,大事に至らずに帰校できたから言えることですが,
ありがたいことです。

私は宿泊学習の一つ目の目標である

「校外の豊かな自然や文化に触れる体験を通して,
学校における学習活動を充実させる」

は,達成できたのではないかと思いますが,
結論は児童や職員による振り返りを待ちたいと思います。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp
(2014/09/02(Tue) 09:55:24)
教師修業 何のために宿泊学習を行うのか 〜5年生自然教室のねらい〜
教師修業 何のために宿泊学習を行うのか 〜5年生自然教室のねらい〜

「自然教室」は,修学旅行などのように学校行事の遠足・集団宿泊的行事に含まれます。
ねらいは,以下の通りです。(「小学校学習指導要領解説『特別活動編』H20年8月発行」

1.校外の豊かな自然や文化に触れる体験を通して,
学校における学習活動を充実させる。

2.校外における集団活動を通して,
教師と児童,児童相互の人間的な触れ合いを深め,
楽しい思い出を作る。

3.集団生活を通して,
基本的な生活習慣や公衆道徳などについての体験を積み,
互いを思いやり,
共に協力し合ったりするなどの人間関係を築く態度を育てる。

以上のねらいを達成させるために,
活動拠点である「ふぉれすと鉱山」は,
最高の施設でした。

本校の実践を振り返り,修学旅行につなげたいと思います。

E-mail : mt.sawadami@mail.iburi.ed.jp

(2014/09/02(Tue) 09:44:56)
201410のログ 201408のログ

Copyright © 2004 北海道室蘭市立八丁平小学校. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア]